Up 『アイヌと "アイヌ"』: はじめに 作成: 2016-11-17
更新: 2016-11-17


    「アイヌ」を自称することが,利権になる──そのような仕組みがつくられてきた。
    この仕組みを,治める者・運用する者・利用する者がいる。
    そして,この仕組みを,「アイヌ利権」のことばで非難する者がいる。

    アイヌは,終焉した存在である。
    アイヌは存在しない。
    「アイヌ」を自称する者は,「アイヌ」を僭称する者である。

    「アイヌ」を僭称する者を,「"アイヌ"」と称することにする。
    「アイヌ利権」を得る者は,アイヌではなく,"アイヌ" である。

    「アイヌ利権」側の者と「アイヌ利権」非難側の者は,アイヌと "アイヌ" を区別しないことで共通している。
    そこで,両者がやり合うと,はなしがぐちゃぐちゃになる。
    ごった煮になるのである。

    そこで,アイヌと "アイヌ" を区別する論を,つくることにした。
    これが,本論考『アイヌと "アイヌ"』である。