Up 北海道時空座標空間 作成: 2016-11-20
更新: 2016-11-20


    「系統の空間布置の表現法」で取り上げた「ヒトの進化」図に倣って,北海道時空座標空間を作成する。

    北海道の図面を,2次元座標平面にのせる:

    これに「何年前」を表す時間軸を加える:

    そして,《この座標空間に,「北海道において人がt年前に棲んでいた地点p」をプロットする》を考える。
    実際にできるわけではないが,概念的に考えるのである。


    概念的思考では,北海道の絵図がリアルである必要はないし,そもそもリアルさは図説をやりにくくする。
    すなわち,地点のプロットでウソをやることになるからである。
    そこで,円板に換えてしまおう──円板だとウソもホントも無くなる。

    円板に換えてみると,絵図の「2次元」も余計であることが見えてくる。
    そこで,一気に線分に換えてしまおう:
    線分が北海道で,この上に地点が並んでいると想うべし。