Up 「アイヌ民族」→「アイヌの身体的特徴」 作成: 2016-12-04
更新: 2016-12-04


    「国連総会記念演説」/アイヌ協会 (1992-12-10 )  
     
    第二次世界大戦が終わると、日本は民主国家に生まれ変わりましたが、同化主義政策はそのまま継続され、ひどい差別や経済格差は依然として残っています。
    私たちアイヌ民族は、1988年以来、民族の尊厳と民族の権利を最低限保障する法律の制定を政府に求めていますが、私たちの権利を先住民族の権利と考えてこなかった日本では、極めて不幸なことに、私たちのこうした状況についてさえ政府は積極的に検討しようとしないのです。
    ‥‥‥
    日本のような同化主義の強い産業社会に暮らす先住民族として、アイヌ民族は、さまざまな民族根絶政策(エスノサイド)に対して、国連が先住民族の権利を保障する国際基準を早急に設定するよう要請いたします。
    また、先住民族の権利を考慮する伝統が弱いアジア地域の先住民族として、アイヌ民族は、国連が先住民族の権利状況を監視する国際機関を一日も早く確立し、その運営のために各国が積極的な財政措置を講じるよう要請いたします。

    日本は,「アイヌ」に対する「ひどい差別」があり,「エスノサイド」政策が行われているところ,というわけである。

    「ひどい差別」の対象は,「アイヌ系統者」ということになる。
    よって,「国連総会記念演説」からの上記引用部分は,つぎを含蓄 (implication) する:
      日本人は,アイヌ系統者を同定している
    実際,「ひどい差別」は,アイヌ系統者を同定できた上のことである。

    こうして,"アイヌ"イデオロギーは,つぎを言っていることになる:
      アイヌ系統者は,見たらそれだとわかる
    実際,「アイヌ系統者」は,アイヌ系統者が自分はこれだと表明して回るものではないから,ひとが見てわかるというものでなければならない。

    ところで,アイヌ系統者は,特別な装いをする者ではない。身なりはふつうである。
    よって,"アイヌ"イデオロギーは,つぎを言っていることになる:
      アイヌ系統者には,見てわかる身体的特徴がある
    かくして,"アイヌ"イデオロギーは,「アイヌの身体的特徴」という通念に立っていることになる。


    その通念は,どういうものか。
    「顔のほりが深く,毛深い」である。
    一方,アイヌ系統者は,「顔のほりが深く,毛深い」の限りではない。
    そこで,「アイヌの身体的特徴」を立てる者は,アイヌ系統者の「純血種」として「顔のほりが深く,毛深い」を立てる者である。

    こうして,"アイヌ"イデオロギーは,つぎを主張していることになる:
      アイヌ系統者の先祖は,顔のほりが深く毛深いヒトである


    「顔のほりが深く,毛深いヒト」の記述を,Bird, Isabella (1831-1904) のつぎの書冊から引いておく:
     
    p.172
    [弁辺(べんべ)を過ぎると]貫気別(ノブコベツ)[ぬきべつ]川という川が、海に迫った山地から流れ出てきていたが、私たちは水深の深いこの川を一人のアイヌが操る渡し舟で渡った。
    この男は全身が毛でおおわれ、肩にはレトリヴァーのようなくせ毛が生えていた。 身体をおおうにしろ保温のためにしろ衣類を着る必要はまったくないかのようだつた。
    また、ふさふさとしたその顎髭(あごひげ)は、毛皮のようなその胸を経て[座っている]腰の近くにまで波打つように垂れ下がり、黒髪も肩の下までふさふさと垂れ下がっていた。
    その微笑みと目のすばらしさがなかったなら、まったくの未開人に見えただろう。
    噴火湾のアイヌは[平取アイヌのような]内陸(マウンテン)アイヌよりもずっと毛深い。
    しかし彼らの間にさえ強健なヨーロッパ人ほどには毛深くない人をごく普通に見かけることからすると、毛深いのがこの民族の目立った特徴だとするのは、一つにはつるつるの肌をした日本人によって誇張されてきたことのように思われる。

    p.180
    彼ら礼文華(レブンゲ)アイヌは、[平取(びらとり)をはじめとする]東部の村々のアイヌとはかなり異なっている。
    ‥‥‥
    その肌はベドウィンのように浅黒く、額はややのっペりし、目の彫りはとても深く、背はもっと低く、髪の毛はもっとふさふさし、ぜつなく哀愁をたたえた表情はもっと目立つ。
    丸木舟[チ]を造る荒仕事を裸でしていた二人のアイヌは、ほとんど全身が短く黒い毛でおおわれており、肩と背中はとくに毛深く地肌が完全に隠れ、何も着る必要がないとさえ思われた。
    胸板が桁外れに厚く、手足の筋肉も実に隆々としていることにも気づいた。

    「身体をおおうにしろ保温のためにしろ衣類を着る必要はまったくないかのようだつた」に関しては,参考として
    に載っているつぎの図 (p.274) を引いておく:
NAKED AINU MAN FROM THE NORTH-EAST COST OF YEZO,
PACKING SEAWEED FOR WINTER USE.