Up 「アイヌの身体的特徴」→「毛人」 作成: 2016-12-04
更新: 2016-12-04


    「国連総会記念演説」/アイヌ協会 (1992-12-10 )  
     
    第二次世界大戦が終わると、日本は民主国家に生まれ変わりましたが、同化主義政策はそのまま継続され、ひどい差別や経済格差は依然として残っています。
    私たちアイヌ民族は、1988年以来、民族の尊厳と民族の権利を最低限保障する法律の制定を政府に求めていますが、私たちの権利を先住民族の権利と考えてこなかった日本では、極めて不幸なことに、私たちのこうした状況についてさえ政府は積極的に検討しようとしないのです。
    ‥‥‥
    日本のような同化主義の強い産業社会に暮らす先住民族として、アイヌ民族は、さまざまな民族根絶政策(エスノサイド)に対して、国連が先住民族の権利を保障する国際基準を早急に設定するよう要請いたします。
    また、先住民族の権利を考慮する伝統が弱いアジア地域の先住民族として、アイヌ民族は、国連が先住民族の権利状況を監視する国際機関を一日も早く確立し、その運営のために各国が積極的な財政措置を講じるよう要請いたします。

    "アイヌ"イデオロギーは,「アイヌ」に対する「ひどい差別」「エスノサイド」があることを訴える。
    これは,含意 (implication) として,つぎを言っていることになる:
      日本人は,アイヌ系統者を同定している
    これは,つぎを言っていることになる:
      アイヌ系統者は,見たらそれだとわかる
    これは,つぎを言っていることになる:
      アイヌ系統者には,見てわかる身体的特徴がある
    かくして,"アイヌ"イデオロギーは,「アイヌの身体的特徴」という通念に立っていることになる。

    「アイヌの身体的特徴」の通念は,「顔のほりが深く,毛深い」である。
    一方,アイヌ系統者は,「顔のほりが深く,毛深い」の限りではない。
    そこで,「アイヌの身体的特徴」を立てる者は,アイヌ系統者の「純血種」として「顔のほりが深く,毛深い」を立てる者である。
    こうして,"アイヌ"イデオロギーは,つぎを主張していることになる:
      アイヌ系統者の先祖は,顔のほりが深く毛深いヒトである


    ところで,"アイヌ"イデオロギーは,「アイヌ=先住民族」を立てている。
    「アイヌ=先住民族」の意味は,「<先住>を求めて時間遡行すれば,アイヌが最後に残る」である。
    "アイヌ"イデオロギーは,「<先住>の時間遡行で最後に残るヒト」の概念を立て,これを「アイヌ」にする者である。

    「顔のほりが深く,毛深いヒト」は,この「<先住>の時間遡行で最後に残るヒト」とつながることになる。
    「<先住>の時間遡行でで最後に残るヒト」は,「顔のほりが深く,毛深いヒト」である。

    よって,「顔のほりが深く,毛深いヒト」の時間遡行を見定めることが,"アイヌ"イデオロギーが立てる「先住」がどの程度の概念なのかを見定めることになる。


    「顔のほりが深く,毛深いヒト」に相応するものは,中国文献に現れるものが最も古い。
    そして,つぎを挙げるのが,この場合の定番である:
    • 山海経(せんがいきょう)』海外東征 (前4世紀〜3世紀頃)
        「毛民の国,其の北に在り,人と為り,身に毛を生ず」
    • 『宋書』倭人伝・倭国伝 (5世紀末)
        「東征毛人五十五國」(「東は毛人を征すること五十五国」)
    • 『旧唐書』倭国日本伝 (10世紀前半)
        「其國界東西南北各數千里、西界、南界咸至大海、東界、北界有大山為限、山外即毛人之國」
        (「その国の(さかい)は,東西南北,各数千里。 西界・南界は(みな)大海に至り,東界・北界は大山有りて限られ,その山の外は即ち毛人の国。」)

    翻って,これより昔へは,溯れない。
    どこまで溯ったかというと,つぎの北海道史時代区分表の「続縄文時代」の中までである:

    「アイヌ=先住民族」は,不明を理由に,立たない。
    アイヌの系統を溯るとき,他の系統との共棲関係が変わる。 それがどんなふうなのかが,さっぱりわからない。
    北海道に入った系統のなかでアイヌの系統が先発の部類に入るのかそれとも後発の部類に入るのか,それもさっぱりわからない。

    "アイヌ"イデオロギーが「アイヌ=先住民族」を唱えるのは,「アイヌ=先住民族」にしないと自分が立たないからである。
    自分の都合で歴史の創作をする者は,イデオロギーである。(科学は,事実捏造・歴史改竄を厳に却ける立場である。)
    本論考が「 "アイヌ"イデオロギー」の言い回しを用いる所以である。