Up マスコミ 作成: 2018-08-05
更新: 2018-08-05


    北海道は,「アイヌ予算」や「アイヌ観光」を,北海道経済の要素にしている。
    「アイヌ利権」の最大の当事者は,北海道である。

    マスコミの地方版は,地方経済振興に自身を役立てることを,務めとする。
    そこでマスコミの北海道版であれば,「アイヌ利権」推進を務めとすることになる。

    こうして,マスコミの北海道版は,「アイヌ利権」の推進になるようなキャンペーンを各種行う。
    特に,「アイヌ利権」にとって「アイヌ」は現存していなければならないものであるから,マスコミの北海道版は,「アイヌ」偽装キャンペーンを精一杯やるところとなる。


    このことに是非はない。
    マスコミの地方版とは,そのようなものである。

    問題は,マスコミの地方版とはそのようなものだということを知らない者が,いるということである。
    即ち,報道を「真実の報道」のように受け取ってしまう。
    彼らは,マスコミの北海道版がする「アイヌ」偽装に騙される者になる。

    <騙されているふりをする>については,とやかく言うことはない。
    ──「アイヌ利権」とは,経済ゲームの所詮一つに過ぎない。
    しかし,<騙される>については,<本当>を示しておくことになる。