Up 「共生」キャンペーン 作成: 2018-08-05
更新: 2018-08-05


    2020年の白老「民族共生象徴空間」開園を展望して,「共生」をキャンペーンする。
    しかしこのキャンペーンは,「アイヌ」偽装陣営にとって,危ないキャンペーンである。
    なぜなら,「共生」のことばは,これを聞く者をして「アイヌ文化」をリアルに考えさせてしまうからである。

    「共生」とは,生活様式を異にする種が共存することを謂う。
    よって,「アイヌと非アイヌの共生」を唱えることは,「和人文化を生きている者に対し,アイヌ文化を生きている者がいる」と謂っていることになる。
    そこで,「共生」キャンペーンを受け取った者は,
      アイヌ文化を生きている者がいるんだ!
      どこを生活場所にして生きているのだろう?
    と思うことになる。
    しかし,アイヌ文化を生きている者など,存在しない。

      貝澤藤蔵『アイヌの叫ぴ』, 1931(註)
     内地に居られる人々は、未だ、アイヌとさえ言へば、木の皮で織ったアツシ(衣類) を着て毎日熊狩をなし、日本語を解せず熊の肉や魚のみを食べ、酒ばかり呑んで居る種族の様に思ひ込んで居る人が多い様でありますが、之は余りにも惨なアイヌ観であります。
     折襟にロイド眼鏡を掛けた鬚武者の私が、毎日駅に参観者の出迎へに出ると、始めて北海道に来た人々は、近代的服装をしたアイヌ青年を其れと知る由もなく、私に色々な質問をされます。
     内地でも片田舎の小学校の先生かも知れません其人に、「アイヌ人に日本語が分りますか?何を食べて居りますか?」と質された時、私は呆れて其人の顔を見るより、此人が学校の先生かと思ふと泣きたい様な気分になりました。
     「着物は?食物は?言語は?」とは毎日多くの参観者から決って聞かれる事柄です。 けれど此様に思はれる原因が何処にあるかとゆふ事を考へた時、私は其人々の不明のみを責め得ない事情のある事を察知する事が出来ます。
    常に高貴の人々が旅行される時大抵新聞社の写真班が随行されますが、斯うした方々が北海道御巡遊の際、支庁や村当局者が奉送迎せしむる者は、我々の如き若きアイヌ青年男女では無く、殊更アツシ(木の皮で織った衣類) を着せ頭にサパウンベ(冠) を戴かしたヱカシ(爺)と、口辺や手首に入墨を施し首に飾玉を下げたフツチ(老嫗) だけです。
    此の老人等がカメラに納められ、後日其の時代離れのした写真と記事が新聞に掲載される時、内地に居てアイヌ人を見た事のない人々は誰しもが之がアイヌ人の全部の姿であると思ひ込むのも無理ない事だらうと思ひます。
    否々其ればかりではなく、時偶(ときたま)内地に於て内地人がアイヌ人を見受ける時は、山師的な和人が一儲けせむものと皆を欺し、アイヌの熊祭と称して見世物に引連れて居る時であります。
    之じゃ何時迄経っても内地に居られる人々は熊とアイヌ人とを結び付けて考へるだけであって、真に時代に目覚めたアイヌ人の姿を見、其の叫ぴを聞き得ない訳であります。


    「アイヌ」偽装の要諦は,ひとに「アイヌ文化」をリアルに考えさせないことである。
    「共生」キャンペーンは,「アイヌ」偽装陣営がいかにも調子に乗り過ぎる(てい)である。

    「アイヌ」偽装する者は,くれぐれもアイヌ文化を舐めてかからないこと。
    舐めてかかると墓穴を掘る。