Up 「アイヌ利権」の歴史的経緯 : 要旨 作成: 2017-01-14
更新: 2017-02-23


    現在の「アイヌ法」は,『アイヌ文化振興法』(1997) である。
    これの経緯は,つぎのようになる:

    1. 旭川の "アイヌ" から,旧法『北海道旧土人法』の廃止を求める声が上がる。
      旭川市長がこれを受けて,全道市長会に諮り,廃止の決議をとる。(1970)
    2. ウタリ協会が,「ただの廃止」に反対──旧法に代わる「アイヌ特権」型新法の実現を,方針にする。
      『アイヌ民族に関する法律 (案)』を作成,北海道知事に提出。(1984)
    3. 北海道知事私的諮問機関「ウタリ問題懇話会」として審議,「アイヌ新法」を制定すべしの答申を出す。(1988)
      「道が国に働きかける」のステージへ。
    4. 「アイヌ新法」が『アイヌ文化振興法』として成立。(1997)