Up 利権団体 作成: 2016-11-02
更新: 2016-11-02


    国が,一つの家に金を供与することを,決める。
    さらに家の員全員に手当することを,決める。
    員の名簿提出は,その一家に任せる。

    この構造は,必然的に「利権」問題を生む。

    例えば,これが「後進国」の話なら,つぎの賄賂の話になる:
    • 員になりたい者が,員に入れてもらうために,家のドンに賄賂を渡す
    • 家のドンが,供与の維持・増額のために,政治家に賄賂を渡す


    賄賂ほど効率のよいものはない。
    100万円の賄賂で1億の金が得られるといった具合である。

    ひとはふつう,賄賂を悪いもののように思う。
    しかし賄賂を悪いと言うなら,賄賂は必要悪である。
    賄賂無くして世の中は回らない。
    確認しておくが,「賄賂」は,構造・機能的概念である。
    ひとは「贈り物」をふつうにするが,これは構造・機能的に「賄賂」である。

    政治家への賄賂というと,金を思いがちだが,選挙での票こそがいちばんの賄賂である。
    票を取りまとめ,当選させ,見返りを受ける。
    これはふつうのことである。


    賄賂の見返りは,利権である。
    利権は,ふつうのことである。
    一方,利権は,利権の外にある者から妬まれるものになる。
    そして賄賂・利権が「国の金 (税金) の配分」の次元になると,嫉みは<正義>を纏うものになる。

    この位相において,賄賂・利権は,何かの拍子に<悪>にされるものになる。
    賄賂・利権を用いる者は,綱渡りでこれをやる(てい)になる。
    しかも,賄賂・利権には,《これに一旦嵌まると抜けられない》のダイナミクスがある。


    以上は,そっくりアイヌ協会の場合である。
    いま,アイヌ協会は,「アイヌ利権」で批判されるものになった。
    「利権」で問題視されるようになると,つぎはアイヌ協会の自説のインチキに眼が向けられることになる。
    「インチキ」とは,つぎのものである:
      終焉しているアイヌを存在していることにし,そのために「民族」のことばを使い,員にアイヌを僭称させる。
      こうして,「アイヌ差別反対」を唱える一方で,アイヌ差別をつくっていく (自家撞着)。

    これは,アイヌ協会終焉のステージの開始である。
    そして,終焉のプロセスは,加速度的に進行することになる (スパイラル運動)。
    これは,避けられないことである。
    そこで,これへの対応の仕方が肝心なことになる。
    要諦は,このプロセスをこじらせないということである。

    実際,「援助」というのは,始めるより終わらせる方が格段に難しい──何十,何百, ‥‥‥倍にも難しい。

      「後進国」への経済援助は,その国の徹底破壊になるのがお定まりである。
      「経済援助」は,金・物の供与である。
      これは,相手国の首長・政権を,配分者と見込む。
      しかし,その首長・政権は,身内に配分する。
      この配分に与らない者は,首長・政権の身内を嫉み,抗議行動を起こす。
      この抗議行動は,内戦へと進む。
      内戦で国は疲弊し,貧窮が遍く。
      援助国のメディアは,食べ物や薬がない惨状,難民の映像を撮り,自国で流す。
      とりわけ,子どもの映像が好まれる。
      そしてこの映像に反応して,また「援助」となる。
      こうして,援助と破壊が螺旋運動する。
      やがて,援助は飽/厭きられる。
      しかし,援助で善人面したことが,難民がこの国に押し寄せるという形で返ってくる。
      そしてこれにどう応ずるかというと,ヘイトなのである。