Up 「アイヌの系統」 作成: 2019-10-25
更新: 2019-10-25


    先祖のうちにアイヌがいることを,アイヌの系統であるという。
    「アイヌの系統」の定義は,これの他にはならない。
    先祖のうちに一人でもアイヌ──アイヌ文化を生きた者──がいれば,アイヌの系統である。

    アイヌ系統者は,全国に拡散していることになる。
    そして,だれにも「アイヌの系統」の可能性がある
    以下,これの理由。


    (1)「系統」の定義
    アイヌ系統者は,全人口に占める割合を増やす一方となる:
       アイヌ系統者を(男), (女),非アイヌ系統者を(男), (女) とすると,
      の子ども:アイヌ系統者
      の子ども:アイヌ系統者
      の子ども:アイヌ系統者
      の子ども:非アイヌ系統者

    (2) 移動
    アイヌで本州に渡った者は,何人もいる。
    そのうち,和人の異性との間に子をもうけた者は,何人もいる。
    そのうち,系統がいまも続いている者は,何人もいる。
     <こういうことが,可能性としてある>
    彼らの末裔は,日本のあちこちにいることになる。

    そして,アイヌが終焉して 150年。
    この間の人の移動は激しい
    彼らの末裔は日本全国 (さらに世界中) に拡散していることになる。