Up 「アイヌ民族」 作成: 2019-10-25
更新: 2019-10-25


    「アイヌ民族」のことばは,ひねくり出したものである。
    「アイヌ予算」の根拠法となる「アイヌ法」を立てるために,ひねくり出した。
    しかし「アイヌ民族」を言い出せば,この存在を訊ねられることになる。
    ──「その集団はどこにどのようにいる?

    「民族」は,「独自の文化」を含意する。
    この「独自」の意味は,「他と差別化しつつ共有」である。
    「アイヌ民族」では,アイヌ文化が「独自の文化」ということになる。
    ──「アイヌ文化を共有する集団はどこにどのようにいる?

    このような集団はいない。
    「アイヌ民族」は,ひとにうまく持たせることができた幻想である。

    ひとは,つぎのように思う::
     「 アイヌ民族の存在は,自明のことである。
    (存在について問いを発するのは,己を愚か者として曝すこと。)」
    こんなことができるのか?
    現にできている。
    人は雰囲気で瞞されるのである。

      この洗脳を使命にしている格好なのが,大手メディアの北海道支局である。
      彼らは,地域振興を使命とする。
      北海道であれば,特に北海道観光振興を使命とする。
      行うことは,「アイヌ民族」キャンペーンである。
      ひとはこのメディア攻勢で簡単に洗脳される。

    しかし,この騙しには当然報いがある。
    「アイヌ文化の継承」を立てていることと矛盾するというのが,それである。
    アイヌ文化が現在のものなのに「アイヌ文化の継承」って何だ,となるわけである。

    実際,「アイヌ民族」を打ち上げたアイヌ観光では,ひとはアイヌを見にくるのである。
    アイヌ文化継承者を見にくるのではない。

      菅原幸助 (1966), pp.78-88.
    すぐそばでリンゴ箱に坐って、ひなたぼっこをしていた老婆に、腕章をかけた旅行案内者が近寄って行った。金を包んだ紙包みを渡し,なにか話していたが、口にいれずみをしたその老婆が、にっこり笑って頭をたてにふると、わらぶき屋根のチセ(家) の窓から中に声をかけた。
    「みんなでできてよ。ウポポ (アイヌ踊り) をやれとよ」
    原色のアイヌ模様のキモノを着て、口にいれずみを墨で書いた女たちが、けだるそうにチセからでてきた。
    やがて老婆が先頭になってウポポがはじまった。
      ホーイ ホーイ ポロロロ ポロロロ
    鳥の声に似た、京愁に満ちた歌と仕草がくりかえされ、女たちは輪になって青空を眺めながら、足や手を動かしている。
    旅行者たちが手にしていたパンフレットには「アイヌ民族に伝わる神秘な踊りを見学」とあったが、ウポポの原形はやつされていて、かなりでたらめな踊りになっていた。けれども,輪になってウポポを見物している観光客に、そんなことが解るはずもない。
    この異様な歌声と踊りを見物しているうちに「はるばると海を渡って、北海道まできたのだ」という異国情緒にひたるのかも知れない。


    引用文献
    • 菅原幸助 (1966) :『現代のアイヌ』, 現文社, 1966.