Up 「土人学」: 要旨 作成: 2016-12-25
更新: 2016-12-25


    狩猟/漁採集生活者を,何と呼ぶべきか。

    「未開人」ではない。
    一般に,現前の生物は,「開く」への途上であるわけでない。
    いまの商品経済社会にしても,偶然が重なった結果である。

    「野蛮人」ではない。
    このことばは,狩猟/漁採集の生き方が含蓄する知性・理性のすごさを見ていない(てい)である。

    「野生人」「自然人」ではない。
    このときの「野・自然」の意味は,「所与 (given)」である。
    だれもが「野生人」「自然人」である。

    「先住民」ではない。
    どの種も,生態系の遷移の中で途中から出てきたものである。
    その種の出現によって,追い出されたり衰滅した先住種がある。

    「現地人」ではない。
    実際,だれもが「現地人」である。


    現代人と狩猟/漁採集生活者の対比では,何が対比されているのか。
    生業の形の対比──「会社勤め-対-狩猟/漁採集」──ではない。
    もっと本質的なレベルでの対比がある。

    それは,動物と植物の対比に似ている。
    この対比での植物の意味は,「独立栄養生物」である。
    実際,現代人が狩猟/漁採集生活者に見るものは,「自給自足」である。
    それは,現代人がやれないものだからである。

    狩猟/漁採集生活者を呼ぶことばは,「自給自足する者」を表すことばである。
    本論考は,植物の「独立栄養生物」の面を捉えることばを,これに流用する。
    そのことばは,「土に根を下ろす者」である。
    そしてこの意味で,「土人」──「土に根を下ろす人」──のことばを用いる。

    実際,「土人」ほどふさわしいことばはない。
    「土人」ほど,リスペクトの気持ちを含ませられることばはない。


    「土人」の語を導入したとき,「土人」は狩猟/漁採集生活者に限る必要はない。
    「土人」は,狩猟/漁採集生活者を一般化する概念であると同時に,狩猟/漁採集生活者の本質に眼を向けさせることばである。
    ここに,「土人学」が可能になる。