Up 英雄伝の理由──歴史物語 作成: 2017-01-11
更新: 2017-01-11


    あったことを,語り継ごうとする。
    これは,物語──歴史物語──になる。

    語る者は,おもしろく語ろうとする。
    こうして,話に色がついていく──潤色。
    歴史物語は,英雄伝になる。

   鍋沢元蔵(筆録)『アイヌ叙事詩 KUTUNE SIRKA』
  扇谷昌康(脚注), 門別町郷土史研究会, 1965.

 全7話のうち第4話 (pp.85-120) を引用
 
Ramma kane
aYUPl utar
yaytusare
oka an awa,
sine an to ta
iresu yupi
ene itak hi
"Aresupa pito
utar orkehe
itak an chiki
pirka nu yan !
ukokussipa
rorunpe patek
erikne sukup
akipa kusu
emko sama
ekasi chipasan
koraynatara.
Sekor an kusu
sake akar wa
aeyaykamuy
sinukare kusune
na.l" sekor
 
hawe an ki kor
uo un ussiw
hawe ranke.
Nehikorachi
iwan tara
apu ikare
iwan sintoko
ror aoraye
sake akar.
Totko rerko
siran kor
kamuy ku rusuype
chiesonere
sake hura
chasi upsor
e etusnatki.
Pakno nekor
ussiw utar
inumpa kunip
ukoichari
terkere.
Inawkar kunip
 
uko ipirkep
hosite kane.
Inumpa-sas hurn
inawke-sas hum
uopuk humihi
anramasu
awesuye.
Pakno nekor
iresu yupi
iyaske-uk hawe
ako-inu hawe,
Iyochiunkur
turesi turano
a-tak hawe as,
Rupetomunkur
a-tak hawe as
Sanputunkur
a-tak hawe as
Ruwesaniunkur
a-tak hawe as
chiwtek ussiw
chisoyna raypa.
Ponno sirankor
kamuy arki hum
 
kotorimimse
chasi teksam un
aynu terke hum
konaynatara,
nispa aske
chiawonaraye.
Hoski nopo
Rupetomunkur
siaworaye,
Sanputunkur
ahun ruwe ne
Ruwesaniunkur
ahun ruwe ne,
iyotta iyosino
Iyochiunkur
turesi turano
ahun ruwe ne.
U-wekap itak haw
akoinu hike
inki nispa
uetukunu
itak e-asikay
ne hi or ta
Iyochiunkur
itakno hawe
akoinu hike
rayap ke wtum
ayaykorpare.
 
Utarpa inne
nehi orta
Iyochiunkur
turesi turano
rametok otta
siretok otta
akoerayap
sinna chikap ne
yaykar kane.
Pakno nekor
Omanpeskaunkur
sintoko osmak
aoranrani,
iresu yupi
yaypekare,
sintoko kirisam
Iyochiunkur
aearekar,
Kamuyotopus
Pon akor yupi
yaypekare
Sanputunkur
Ruwesaniunkur
uyaypekare
Rupetomunkur
ussiw nispa
uyaypekare
Orowa anak
 
ussiw patek
upeka ruwe ne.
Asinuma anak
chikup-so-pa ta
sinen ane wa
kaparpe otchike
ayaypekare.
Omanpeskaunmat
repunkur turesi
anipuntari
esimukkoanpa
kane
chikupso-utur
erututke
sisak tonoto
aukomaktekka.
Oka an awa
inu an hike
horepas wa
piyap kamuy
yap kotomno
hum as kus.
Iku-so kurka
anuwanpare
ki rbk korka
 
okkayo otta
menoko otta
openpak a kur
oararisam
menoko otta
Omanpeskaunmat
sinen ne patek
openpak kotom
aesanniyo
nimor etusu
ki kotomno
aesanniyo,
anipuntari
chikup-so utur
eas kor
soywa samma
asoy enpa
siran aine
ahup ruwe ne.
Piyap kamuy
hetopo horka
kamuy humihi
komukke
ki kotomno
aesanniyo.
Tane anakne
chikup-so noski
pakno sirankor,
 
yay-okimunu
pisap kamuy
sap kotomno
anesanniyo
hum tumorke
auwampare
inuan hike
oar tun patek
iki-korka,
makan rametok
sap-pa humihi
nenan kora
mosir-kuttum
kotunatunak,
akor chasi
kamuy maw am
pen utkur kan
omanhitara.
Ne rapoki
okkayo kurka
anuwanpare,
inki nispa
openpak katu
oararisam.
Menoko kurka
 
anuwanpare
akirok awa
Omanpeskaunmat
sinenne patek
openpak kotom
aesanniyo.
Anipuntari
chikup-so utur
eas kar
soywa sam wa
osiraypa.
Siran aine
ahup wa arki
chis riminse
tuykasike
itak oh awe
ene okahi
"Nispa utar
pirka nu yan
yay-orepunu
pisap kamuy
yap kotomno
humas ki wa
tapanpe kusu
ahusse etunankar
ki rok awa,
tu atuypenrur
aehosippare
 
ki rok awa
asir kinne
yay-okimunu
kamuy sap kotom
aesanniyo,
tapan'pe kusu
ahusse tasare
kipne korka
eok humihi
oararisam.
Tapanpe kusu
atusu tasare
inkar an awa
tu utarpa
iki -kor kaiki
ene akar wa
aekot kunihi
aerampewtek,
kotusu yupu
aki wa tapne
rorunpe sermak
tusukuspare
aki rok kusu
yaunkur mutpe
repunkur mutpe
u-at nikor
 
esisuypa
arannutara
akor yupi utarihi
nomut kane
siahun chuppok
akoturaynu
iyotta iyosino
Sinutapka
ko-asur as
pon akor yupi
nomut korpe
Repunkur mutpe
u-at hikor
esisuypa
otukem suporo
ukarapare
ki rok ayine
ukokus sino
siahun chuppok
akoturaynu
yak aram
akotusu yupu
ki rok awa
pon akor yupi
nomut karpe
chupka ta
pinne sibhl
kotonnatara,
 
Asiki etoko
uskosanpa
kihi anakne
sawre kunip
somo ne ruwe
nehi tapan na."
sekor okaype
Omanpeskaunmat
chis rimimse
tuykasike
itak o-awa
Kamuyotopus
pon akor yupi
ramkopastep
sikoetaye
notak-kasike
osikpekare
oka rok ayne
yay-kimuy-ka
ta-ta kane
tuykasike
itak ohawe
ene okahi
"Tan kewetara
ranietok tapne
 
yaynu rok wa
ene okaype,
esikas kamuy
esisakkayar
nehi oka ya?"
sekor okaype
Kamuyotopus
niwas itakne
taye kane.
Ki rok awa
utarpa utar
ene itak hi
"Inne an ma
oka an hine
tu utarpa
arki hike
aniwkes kunip
somo tapan na "
sekor okaype
utarpa utar
taye kane
u-tek e-otke
u-kir e-otke.
Ne rapoki
chasi sam-ka ta
aynu terke hum
 
turnpa hurnihi
konaynatara.
Irararuypap
chiesonere
heyoki-sak-no
ratki apa
ukopepakar
rnintar kurka
koeaukarpa.
Irara ruypap
konurnina sarn
ornahitara,
ainukar kurnihi
anetoranne
tu-urar-ikkew
ayayanu.
Hoski ahunpe
anukar ruwe
ene okahi,
Sirar hayokpe
hayokpe kurka
surku chiyay
 
koenchararke
tarn opusi
op opusi
oararisarn,
sisak utarpa
ne ruwe ne.
Iyosi ahunpe
anukar ruwe
kane hayokpe
hayokpe kurka
rukane chiyay
koenchararke,
hayokpe kurka
surku irneru
ewernakrnatke
ne or tarn kuspe
nenankora
sisak utarpa
ne ruwe ne.
Irara-ruypap
konurnina sarn
ornahitara,
ratki suwat
ukopekakar,
suypa tuyka
hoski ahunpe
 
itak oh awe
ene okahi
"Aoyanenep
yaykotan ora
esina ne kusu,
asinuma tap
Sirarpetunkur
ane ruwe ne.
Itura nispa
Kanepetunkur
ne ruwe ne.
Tan Sinutapka
ko-as kur
inankur ne ya ?
wenkur patek
ussiw patek
oka ruwe an
Nep rorunpe
aeurametok
uwante yakka
etokoho ta
kiror--ukoyki
aeurametok
u-wante kunip
nehi tapan na "
sekor okaype
 
ekutsamkonna
tununitara.
Akor yupi utarihi
umewpa kane
oka rokpe
i tak kuni kur
eukoramkur
tere kane.
Ki rok awa
iresu yupi
itak kar hawe
ene okahi
"Asinuma tap
Sinutapka
koasuraskur
ane ruwe ne."
itak turano
chiriki puni.
Iresu yupi
Sirarpetunkur
oman·so-ka ta
uuk-rorunpe
hopuni siri
ene okahi.
Sirarpetunkur
arokamkinno
kip ne kusu
iresu yupi
 
sikone ampe
sapke sapke.
Nehi korachi
penram-ka ta
tu sirar chiyay
koesoykarpa,
anakki korka
iresu yupi
eutunnewa
tunoi wan suy
eronnewa
tunoiwan suy
paruspe kurka
ekik kusu ne kor
riten karip ne
yaykar kane
paruspe kur ka
eorawki,
imakaketa
iresu yupi
sum kina ne
noykosanpa.
Akor yupi utarihi
ukemnu kunip
chiesonere.
Ruwesaniunkur
chiriki puni
Sirarpetunkur
 
uuk rorumpe
hopuni siri
eronne wa arsuy ne
eutunne arsuy ne
imakaketa
hawke·kaspa
Ruwesaniunkur
sum kina ne.
Rupettomunkur
chiriki puni
eutunne tusuy
eronne tusuy
uweteterke
imakaketa
sum kina ne
noykosampa.
Sanputunkur
chiriki puni
eronne resuy
eutunne resuy
uweteterke
imakakaketa
sum kina ne
noykosampa.
Pakno nekor
Kamuyotopus
pon akor yupi
kor wenpuri
 
enan kurkasi
ipukitara
, chiriki puni
ene okahi,
eutunne iwan suy
eronne iwan suy
Sirarpetunkur
paruspe kurka
eorawki,
imakaketa
sum kina ne
noykosampa.
Ikemnu kewtum
ayaykorpare
anakki kor ka
a-anenopo
aeyaykewtum
kisima kane.
Iyochiunkur
raun ipor kan
yupkosanu
kohopunpa siri
ene okahi,
eronne wa tu-wan-ikinne
eutunne tu-wan-ikinne
paruspe kurka
wen aynu sani
ekik kusu ne kor
 
riten karip ne
yaykar kane
paruspe kurka
eorawki,
imakaketa
sum kina ne
noykosampa.
Tanepo sonno
Omanpeskaunkur
chiriki puni
uuk rorunpe
hopuni siri
iramtoynere
repunkur yupi
simoypa siri
okanankora
tu-wan-ikinne
re-wan-ikinne
Sirarpeturnkur
paruspe kurka
ekik kusu ne kor
riten karip ne
tek tuyka
ekonoytanke,
anakki korka
yaani tusuy
yaam resuy
Sirarpetunkur
 
paruspe kurka
aearpare,
imakaketa
Omanpeskumkur
sum kina ne
noykosanu.
Pakno nekor
turusi kinra ne
yaynu an kane
anakki korka
tanepo mospe
katun kunihi
asikopayar
ratchitara
asituriri.
Orta easir
Sirarpetunkur
Kanepetunkur
sine ikinne
ikohosarpa
kan ipor ka ta
koraykosampa
nep kamuye
kosik enenpap
korachi ne no
hottor ka ta
kotususatki.
Ikemnu ruype
 
anep ne kusu
Sirarpetunkur
niwen chinika
akoturi kar.
Irara kunip
chiesonere
konuminasam
omahitara.
Oman so-ka ta
uuk rorumpe
akipa humihi
ene okahi.
Hese puyra
ikoseske
a-ane-uchi
ikokekke
aruwe-uchi
ikorewpa.
Semkorachi
wen aynu sani
arokamkinno
kip ne kusu,
penrarn-ka ta
isikoneanpe
satkesatke
nehi korachi
sirar chiyay
tanne hikehe
 
ikoekusna,
takne chiyay
chiyay etoko
tu kempoppise
chiekotpakar.
Ene wa poka
aekot kunihi
akousaramkur
paste kane.
Tata otta
Sirarpetunkur
asichonnakur
sere kane
asisetur ka
sere kane.
Kutune sirka
sirka-kesehe
aorikipuni,
emus-sanniphi
amso kurka
aeranakur
atte kane,
inkar an hike
emus-sannipka
horkew kamuy
chinoye kusu
 
chiwre kane,
emimakkan-
satakusis
an ruwe ne
Seppa-rarka ta
kanna kamuy
pinne kamuy
kiraw riki
roski kane.
Kanna kamuy
matne kamuy
sirka kurka
kosayturaste
sirka kutchar
ko-ok or kur
chiwre kane.
Sirka-kes ta
sak-kimotpe
nitne hike
kisar etupsike
pon numapo
chiechotchakar,
sar etupsike
pon numapo
chiechotchakar,
paroho wa
kunne urar
hekke ki kor
 
an ruwe ne.
Kanna kamuy
matne kamuy
siyante kamuy
sirka kutchar
korachiw riki
punpa kane,
ramram riki
roski kane.
Sirarpetunkur
kor hayokpe
hayokpe kepsam
kosaypitakar
ichiw op kunne
kanna op sep
sirar tam sepne
aynu ikkew
sarechiw humihi
koserkosampa.
Sirarpetunkur
kamuy inotu
hopuni humihi
orone anpe
koturimimse.
Kanepetunkur
 
kanipor-ka ta
koraykosampa.
Anakki korka
ikemnu kunip
chiesonere
niwen chinika
ikoturikar,
tane anakne
inukuri-ram
ayaykorpare.
Anakki korka
pewre humse
aeyayramkotor
mewpa kane
uuk an humi
ene okahi,
Sirarpetunkur
tumkor kunak
aramu a korka
nep ne awa
humas ya ka.
Ahese puyra
aikoseske
arokamkinno
kip ne kusu,
penram-ka ta
isikoneampe
sapkesapke,
 
nehi korachi
kane chiyay
apenrarn kasi
, etara hurni
aesarnpe kese
chiskot kane,
Nehi orota
hoski an ap
ahorka suye
Kanepetunkur
asichonakur
sere sere
asiseturka
Kutune sirka
sannip kasi
0' araeta
arokarnkinno
akip ne kusu,
aynu chuporo
hayokpe-kep-utur
aipekare.
Sirka-ka ta
kanna kamuy
siyante karnuy
rachiw riki kur
punpa kane
rarnrarn riki
roski kane,
 
sirka-ka wa
saypita hurni
hoski tarn sep
kane tarn sepne
raun tarn sep
aynu ikkew
sarechiw hurnihi
kokikkosarnpa,
Kanepetunkur
karnuy inotu
hopuni hurnihi
koturirnirnse.
Pakno nekor
sirar chiyay
kane chiyay
surku chiyay
aikokekkep
nep ne kusu,
surku-yupu
akipne kusu
arnso-ka ta
chep testeske
asikopayar.
Iyochiunrnat
aoara kerna wa
kari kane,
Ornanpesunrnat
aoara kerna wa
 
kari kane,
iresu sapo
atumamu-so kasi
kokari kane
iresu sapo
itak utur
komukkot kane
ene itak hi
"Aresupa pito
yaysittekka
ikorpare yan!
surku chiyay
chikoetayepa
aeekarkan na"
sekor okaype
mukkot kane,
anakki korka
anu humi
oararisam.
Hum ne an kor
yukorkiwpo
asikopayar
hekocha an kor
anan awa,
arekusukomna
Iyochiunmat
tek osima humihi
korimkosampa
 
Iyochiunmat
chis rimimse
rimimse tuyka
itak ohawe
ene okahi
"Aoara kemaha
ahayparep
seta·tek paste
iekarkanna
kamuy·ne an kur
chikotuye wa
ikorpare yan! "
hawas hita
ahuyke neike
araka awa
humas ya ka
mat-eikkap
aorawki kunip
semturaysam
aeyaykotekar,
aki hopuni
paruspe-ka ta
atam-eorawki
itemeni-ka ta
atameorawki,
rikun-suy-ka ta
atameorawki,
rirasu kitay
 
aeorawki.
Mat ekirap
ara kuwanno
akor petpo
petetokoho
koyka turi
kese aarnpa.
Ineap kusun
kira enitan
siri ki ya ka
aerarnisikari.
Ayupke suyep
rayochi kunne
rakus tarnkur
rapse nuy ne,
rik kus tamkur
I hopuni nuy ne,
aeonuy ta
pukte kane,
anakki korka
tarn eok humi
oararisam.
Tane anakne
akor petpo
petetokoho
karnuy sikuma
aopaye ruwe
sikuma-ka ta
 
pase karnuy
osinot mintar
sinna kane,
wen karnuy
osinot mintar
sinna kane,
pase kamuy
o-sinot mintar
mintar-ka ta
atameorawki.
Wen karnuy
osinot mintar-ka ta
Iyochiunmat
huyke neyke
asikoetaye,
imakake un
atametoko
kosennatara,
anukar ruwe
aetoyne kane
Ponmosirunkur
ne rok oka.
Kamuy inotu
hopuni humihi
siknu karnuy ne
chupka nehi
 
, kohum eriki
tesuhi tara.
Ne rapoki
arekusukonna
chinuyna chipa
hopuni humihi
kohumkosampa.
Iyochi unmat
akor chasi
kopakke sama
aekonisuye.
Pakno nekor
inkar an ruwe
Kechaw hekachi
iwan hekachi
kechaw matkachi
iwan matkachi,
Meyoy hekachi
iwan hekachi
Meyoy matkachi
iwan matkachi
ne rok oka.
 
Kurkasike
akotam terkere
atuyepa ki kor,
Kechaw sinotcha
Meyoy sinotcha
ukoeyukar,
atuyepa uske
tam piri·pake
tam piri·kese
tek kanpare
par kanpare
atuyepa uske
tuk wa paye
tusa wa paye.
Neita korak
aykan rok hi
ami kosonte
otukon ni ki
aikoranke,
ene wa poka
aekot kunihi
akousaramkur
paste kane.
Nitay rapok
aopas kane
sirkor kamuy
atek numkere
aemusi etuye,
 
tanne teke
atanne tuye
takne teke
atakne tuye
akisima uske
anochisichisi
pakno nekor
amonkakonna
kosiwsiwakki
ukattuymano
sinep arayke
tu-p arayke
kunnehene
tokaphene
wen-kamuy tumi
aki rok ayne
aokerehine
akor'a chasi
kopak sam
akoika turi.
    2069
いつもかわりなく
わが兄たち
傷の手当を
していたら,
ある日のこと
養兄は
こう語った
『われら育てたおかた
みなの者たちよ
話をするゆえ
よくお聞きなされ
われらともに
戦のみに
せわしい日を
送っているゆえ
そのために
先祖の祭壇も
寂れあせた。
であるゆえ
お酒をつくり
われらの神を
祭ることに
しようぞ』と
2092
語って
外の召使いに
いいつける。
そのために
六つの俵を
倉から取り出し
六つの行器を
横座に並べ
お酒を作る。
二日三日に
なったら
神の飲みたいもの
となって
酒の香りが
城のうちに
みちあふれる。
それから
召使いども
酒をこす者は
互にザルを
走らせる。
幣をけず、る者は
2114
互に小刀を
走らせる。
酒をこす音
幣をけずる音
互に起る音
おもしろく
楽しい。
それから
養兄が
客を招く声が
聞えてくる,
ヨイチ彦を
妹とともに
招く声がし,
ルベットム彦を
招く芦がし
サンプト彦を
招く声がし
ルエサニ彦を
招く声がし
使いの召使い
外へ出てゆく。
まもなくして
人々の来る音が
2138
ひびきわたり
城の近く
人の跳びおりる物音が
鳴りわたる,
首領が連れだって
入ってくる。
一番先に
ルペットム彦が
入ってくる,
サンプト彦も
入ってくる,
ルエサニ彦も
入ってくる,
一番あとから
ヨイチ彦が
妹とともに
入ってくる。
互いに会釈の言葉
聞えてくるが
どの首領も
みな同じく
立派な挨拶だが
そのなかでも
ヨイチ彦の
言葉づかいが
聞えてきて
勇壮な者と
われ思う。
2166
勇士たちのなみいる
そのなかで
ヨイチ彦は
妹とともに
勇壮さにおいて
美貌さにおいて
感嘆するほどの者,
別な烏の如く
思っていた。
まもなく
オマンペシカ彦は
行器のうしろに
座らせられ,
養兄に
相対座し,
行器の傍に
ヨイチ彦が
座らせられ,
カムイオトフシ
わが小兄君と
相対座する。
サシプト彦は
ノレエサニ彦と
相対座し,
ルベット彦は
召使いの勇士と
相対座し
あとは
2194
召使いのみで
互に対座する。
われのみは
酒宴の上座に
一人して
薄づくりの膳と
向って座る。
オマンベシカ姫
外人の妹が
銚子を
小脇に
かかえて
酒筵の間を
酌をして歩き
この上なき酒宴が
相ともにひらかれる。
そのうちに
わが耳に響くことは,
沖の方から
音をかくして上る神が
寄せくるらしく
音がしてくる。
酒筵の上を
われよく調べ
見渡せば
2219
男のなかにも
女のなかにも
悟る者は
更にない,
女のなかに
オマンベシカ姫
一人のみ
悟った如く
われ思う,
心の巫術を
使ったらしく
われ思う。
銚子をば
酒筵の間に
立ておいて
戸外へ
出てゆき
まもなくするほどに
入ってくる。
音をかくして上る神は
後戻りして,
神の音が
消えうせてしまった
らしく
われ思う。
今すでに
酒宴のなかばに
なったころ,
2247
山手の方から
静かに下る神が
おりてくる如く
われ思われ
音の中味をば
よく調べ
聞いてみれば
全く二人のみ
であるが
如何なる勇士の
下りてくる音で
あるのか,
地の底も
揺れ動き
わが山城も
神の風に
棟の頂が
ギシギシと鳴る。
その時に
男のうえを
われ調べ眺めると
どの首領も
悟った様子は
さらにない。
女のうえを
2272
われ調べ眺め
見渡せば
オマンベシカ姫が
ただ一人のみ
悟ったものの如く
思われる。
銚子をば
酒筵の間に
立ておいて
戸外へ
出てしまう。
間もなくして
中へ入り来て
悲鳴をあげ
そのうえに
語ることは
こうあった
『首領の方々
よく聞いておくれ
沖の方から
静かに上る神の
上って来るらしい
音がして
それゆえに
わが息を吹きかけ
すると,
四方の海のうなかみへ
われ吹き戻した,
2300
けれども
また新たに
山手の方より
神の下りて来る如く
われ思われ,
それゆえに
息吹きの術を
かけたのだが
息のひっかかる音は
全くない。
このために
われ巫術を使い
みてみると
二人の勇士
であるけれど
どのようにして
殺すことができるか
わからない,
巫術を激しく
出して
戦の運命を
占いかけて
われしてみれば
本島人の太刀と
外国人の太刀が
からみ合い
2326
大きくゆれて
全く打ち負けて
わが兄たちの
佩く太刀
日の入る真西へ
見えなくなり
一番あとから
シヌタプカに
評判の高い
小兄君の
佩き給う太刀と
外国人の太刀が
からみ合い
大きくゆれて
血まみれに
互にさせられて,
そして
いっしょに
日の入る西へ
見えなくなる
と思ったら
われ巫術を激しく
出してみると
小兄君の
佩く太刀が
東の方に
柄がしらの銀鋲が
光って見える,
2354
わが限の先が
消えてしまったので
あるからには
生き給うことは
ないであろうと
思うのです』
こう言って
オマンベシカ姫は
泣き叫び
ながら
語ったので,
カムイオトプシ
わが小兄君は
太刀の
さやを打ちはらい
刃わたりを
すかし見て
いたところ,
おのが頭上を
打ちたたき
そのうえ
語ることは
こうあった
『このむくろが
勇土だと
2379
白ら思って
いたのだが,
わが守り神も
はや亡び失せようと
するのか?』
このように
カムイオトプシは
荒々しい言葉で
言っている。
そうしたら
座席の勇土たち
こう語る
『われら大勢で
いるのに
二勇士が
来たところで
負けることは
ないであろうぞ
こう
勇土たちが
語って
互いに腕で突くやら
互いに膝を突くやらする。
その時に
域のそばに
人の躍りくる音
2405
鍔の音が
鳴りわたる。
無礼も甚しい者で
あるものが
なんの畏るところなく
垂れた戸を
ひっつかみ
中の土間の上へ
ぽっと入ってくる。
無礼も甚しい者
うす笑いをうかベ
入ってくる。
われ見ることも
いやなので
多数のかすみを濃く
自ら引きかぶる。
先に入って来る者を
われ見ると
こうあった。
岩の鎧の
鎧のおもてに
毒液の岩とげ
2427
いがいがと立ち
太刀で穴あけること
槍で穴あけることも
できない
この上なき勇士
である。
あとから入って来る者
われ見ると
欽の鎧の
鎧のおもて
みずかねのとげ
いがいがと立ち
鎧のおもて
毒液の光が
ピカピカと光り
如何なる太刀の通るものか
わからぬほどの
この上なさ勇士
である。
無礼も甚しき者ども
うす笑ひをうかベ
入って来て,
垂らした自在鍵を
一緒にひっつかみ
ゆすりながら
先に入った者の
2453
語ることは
こうあった
『われらの嫌いなのは
白分の村を
隠すことなのだ,
われこそは
シララペッ彦
である,
連れたる首領は
カネペツ彦
なのである。
このシヌタプカに
うわさに聞える者は
誰なのか?
下司どもばかり
下僕ぱかり
居るではないか
なに戦を
もってわれらの勇を
競べるにしても
その前に
腕力の戦いを
もってわれらの勇を
競べ見よう
ではないか』
と言って
2479
帯のあたりを
鳴りひびかせる。
わが兄たち
互いに気合いを入れて
いたものが
答えるべき人を
互いに心の中へ
待ち合せている。
そうしていると
養兄の
語ることは
こうあった
『われこそは
シヌタプカIこ
うわさに高い者
であるのだ』
と言いつつ
起き上がる。
養兄は
シララベツ彦と
床の上に
相いつかみ合いの戦を
始めた有様は
こうあった。
シヲラベッ彦が
わざと
することは,
義兄を
2507
自分の胸に
しめつつ緩めつつする。
そのため
胸の上に
数々の岩とげが
背にも突さぬける,
けれども
養兄は
下座の方へ
六たび
上座の方へ
六たび,
梁木の上に
打ちつけるのに
やわらかな輪の如く
自らまわって
梁木の上に
とり逃す。
そのあとは
養兄
しおれた草の如く
倒れ伏す。
わが兄たちは
憤然と
している。
ルエサニ彦が
立ち上り
シララペッ彦と
2535
相いつかみ合う戦を
始めたさまは
上座へ一回
下座へ一回
そのあとは
余りの弱き
ルエサニ彦は
しおれた草の如くになる。
ルベットム彦が
立ち上り
上座に二回
下座に二回
相からみ合い
そのあとは
しおれた草の如く
倒れ伏す。
サンプト彦が
立ち上り
下座に三回
上座に三回
相からみ合い
そのあとは
しおれた草の如く
倒れ伏す。
それから
カムイオトプシ
わが小兄君は
心の底からの憤りを
2563
顔のおもてに
めらめらと燃やし
立ち上って
することは
下座へ六回
上座へ六回
シララペッ彦を
梁木の上に
取り逃し
そのあとは
しおれた草の如く
倒れ伏す。
無念の情
われ抱く
しかれども
辛うじて
わが心を
押し鎮める。
ヨイチ彦の
口のほとりは
さっと怒りにしまり
立ち上ったさまは
こうあった,
上座へ二十回
下座へ二十回
梁木の上に
悪人奴を
打ちつけるのに
2591
やわらかい輸の如く
自らまわって
梁木の上に
取り逃し,
そのあとは
しおれた草の如く
倒れ伏す。
今こそ始めて
オマンベシカ彦が
立ち上り
相つかみ合いの斗いを
始めたさま,
驚くべき
外国の兄の
働きぶり
であろうか
二十回も
三十回も
シララベッ彦を
梁木の上に
打ちつけても
やわらかい輸の如く
手の上へ
へばりつく
けれども
ほとんど二回
ほとんど三間
シララベッ彦に
3619
梁木の上へ
追いやられ,
そのあとは
オマンベシカ彦は
しおれた草の如く
倒れ伏す。
それから
気も狂うばかりに
われ思っている
けれども
たった今眼を覚した
様子をば
よそおって
静かに
あくびをする。
そのとき始めて
シララベッ彦と
カネベッ彦は
一斉に
われに振りかえり
顔のおもて
共にさっと青ざめて
何神かと
目を向けている
ふりをして
その顔のおもて
震い出している。
仇討すべき
2647
われである故
シララベッ彦へ
力強き足踏を
われ踏みしめる。
無礼きわまるものと
みえて
あざ笑いを
うかベうかベする。
床の上に
相つかみ合いの戦い
われ始めた音は
こうあった。
息の孔も
共にふさがり
わが細い肋骨は
折れくだけ
わが太い肋骨は
折れまがる.
そのために
悪人めが
わざと
することは,
胸の上に
自分の胸を
しめつ緩めつする
ために
岩とげの
長いところが
2675
われの背へ通りぬけ
短いとげ
とげの先は
数多の血の泡が
にじみつく。
何とかして
われ殺してやるべく
あれこれと心を
めぐらせる。
ここにおいて
シララベッ彦に
われ白身を下の方へ
させて
わが背の上へ
背負いあげ
宝剣「クトネシリカ」の
鞘の尻を
われ高々とあげ
太刀の柄は
床の上へ
下げ, 下げし
かけつつ
見てみると
太万の柄の上に
狼神が
身をくねらし
2701
突き刺すように,
牙の尖を
むき出して
いるのである。
鍔の峰には
電神の
雄神が
角を高々と
立てている。
雷神の
雌神は
鞘のおもて
いっぱにからみつき
鞘の口に
えり首をまげて
かまえている。
鞘の尻には
夏狐の
化物が
耳の先端に
少しばかりの毛を
っき立てている,
尾の先端には
少しがかりの毛が
つき立っている,
口の中から
黒いかすみを
パフパフと出して
2729
いるのである。
雷神の
雌神の
怒った神は
鞘の口に
かま首を高く
上にあげ,
うろこを高く
立てている。
シララペッ彦
のもつ鎧
鎧の合わせ目を
輪を解いて
突き刺す槍の如く
上を突く槍の音は
岩を斬る太刀の音の如く
人間の背骨を
尻尾で刺す音が
ゴキッと鳴る。
シララペッ彦の
神霊が
飛び立つ音
そのものが
鳴りわたる。
カネペッ彦の
2753
額のうえが
さっと青ざめる。
けれども
なまいきなるもの
ながら
烈しく足踏みを
わが方へ踏みのばす,
もはや
堪えがたき心を
持たしめられる。
けれども
若き雄叫びを
心底から
はき出して
相つかみ合ったのは
こうあった,
シララベッ彦を
力持ちと
思っていたが
何のそので
ある。
わが息の孔を
ふさがれて
わざとに
するゆえ
胸の上に
われを抱きしめて
しめつ緩めつする
1782
そのために
鉄のとげが
胸の上に
つきかかる音で
わが心の末は
泣きたくなる
そのとき
先にした手を
われまたまねて
カネベッ彦は
われ自身を下の方へ
背負い, 背負い
わが背の上に
宝剣「クトネシリカ」の
柄の端を
下の方へ
わざとことさらに
するゆえ
首領の腹に
鎧の間に
向き当てる。
鞘の上に
雷神の
怒れる神は
かま首を高く
上にあげ
うろこを高く
立てている,
2810
鞘の上から
輪を解いて
先の太刀の音は
鉄の太刀の音の如く,
中の太万の音は
人の背骨を
尻尾で刺す音で
コキッと鳴り
カネベッ彦の
神霊の
飛び立つ音が
鳴りわたる。
それから
岩とげ
かねとげ
毒とげ
共に折れ刺ったもの
であるゆえ,
毒が烈しく
効いてきたゆえ
床の上に
魚のそり返る
さながらにしていた。
ヨイチ姫は
わが片方の足に
ぶらさがり,
オマンペシカ姫は
わが片方の足に
2838
ぶらさがり,
養姉は
わが胴の上に
ぶらさがり
養姉が
言葉のあいだを
止め止めして
こう言う
『育ての君よ
しばし落着き
給え
毒のとげを
抜いて
あげようぞ』
と言って
言葉を止め止めする
けれども
われ聞えるもの
更にない。
時には
首長の鳴き声の
さながらにして
ひょろひょろと
していたら
突然に
ヨイチ姫の
さらわれた音が
聞えてくる。
2866
ヨイチ姫の
悲鳴
悲鳴をあげて
言う声は
こうあった。
『わたしの片足に
足りない者に
犬でもさらう如くに
させられる
神なる君よ
斬りすてて
下さい
と声がしたとき
われどこのところが
痛むのかを
忘れて
女泥棒を
取り逃しては
面目に
かかわると思い,
われ飛びおき
梁木の上に
太刀で取り逃し
上梁の上に
太刀で取り逃し
空窓のよにも
われ取り逃す。
高柵の頂きにも
2894
われ取り逃す,
女泥棒は
ただひたすらに
わが里川の
川の源
東方へ飛びゆき
跡をわれ追う。
本当に
逃足の早い
ものなるか
われ知らぬ。
われ烈しく振う太刀は
虹の如く
下ゆく太刀影は
燃え伏す焔の如く
上ゆく太刀影は
燃えたつ焔の如く,
われ焔を
燃やして追う,
けれども
太刀にかかる手ごたえが
全くない。
もはや
わが里川
川の源の
神の峯に
われ追いかけ,
峯の上に
2922
善神の
楽園が
別にあり,
魔神の
楽園が
別にある。
善神の
楽園
楽園の上に
われ太刀で取り逃す。
魔神の
楽園の上に
ヨイチ姫の
どこかしこを
ひっぱって,
そのあとは
わが太刀の先で
斬りはらう,
われ見れば
憎むべき
ポンモシリ彦
である。
神の魂の
飛び上る音,
半死した神の如く
東の方へ
2948
音たてて
のぼってゆく。
そのとき
突然に
かくれた伏兵の
ときの芦
ひびきくる。
ヨイチ姫を
わが城の
近くの方へ
投げつける。
それから
よく見れば
ケサウの少年
六人の少年
ケサウの少女
六人の少女
メヨイの少年
六人の少年
メヨイの少女
六人の少女
が居る。
2970
その上を
われ太刀を振りまわし
斬り払えば,
ケサウの歌
メヨイの歌
共に歌いつつ
われの太刀の跡は
太刀傷のよ
太刀傷の下
手にあて
口にあて
われの太刀の跡は
よくなって
傷が治ってゆく。
いつも
ないことに
わが小袖は
切り
落されて,
如何にしたら
勝ち得るかと
あれこれと心を
めぐらしている。
林の中へ
われ走り
木の神(技) を
えらぴ出し
太刀で切る,
2998
長い枝は
長く切り
短い枝は
短く切り
われつかむところは
けづりなおし,
そして
わが手のふるさまは
ピューピュとさせ
間をおいては
一人殺し
二人殺し
夜も
昼も
魔神の戦を
われして
みな退治し
わが山城,
山城の近くへ
飛び走る。