Up カムイユカルの理由 作成: 2017-01-01
更新: 2017-01-11


    カムイユカル (神謡) の意義・理由は,つぎのものである:
    • 「神」を存在者にする
    • 「神」を捉える仕方を定める
    • 「神」への対し方を定める

    「神」を存在者にする方法は,「神」の物語をつくることである。──これの他はない。
    こうして,神の物語ができる。
    そしてこれが「謡」で語られれば,「神謡」である。

      要点:《神 → 神の物語》ではなく,《神の物語 → 神》である。
         (この順序,よくよく吟味すべし。)


    アイヌは,存在するものを,神の具現と定める。
    この考え方を,アニミズムという。

    アイヌの場合,神は人の形をしている。
    そして,人と同じ生活をしている。
    家に住み,食べ物を食べ,酒を飲む。

    岩や川や草木や動物は,神の仮の姿である。
    そこで,岩や川や草木や動物と対するときは,神と対するようにしなければならない。
    では,どんなふうに。
    カムイユカルは,この作法を定め,伝承する役割を担う。


   知里幸惠『アイヌ神謡集』(1923) から:
Kamuichikap kamui yaieyukar,
“Shirokanipe ranran pishkan”

“Shirokanipe ranran pishkan, konkanipe
ranran pishkan.” arian rekpo chiki kane
petesoro sapash aine, ainukotan enkashike
chikush kor shichorpokun inkarash ko
teeta wenkur tane nishpa ne, teeta nishpa
tane wenkur ne kotom shiran.
Atuiteksam ta ainuhekattar akshinotponku
akshinotponai euweshinot korokai.

“Shirokanipe ranran pishkan,
konkanipe ranran pishkan.” arian rekpo
chiki kane hekachiutar enkashike
chikush awa, unchorpoke ehoyuppa
ene hawokai:――
“Pirka chikappo! kamui chikappo!
Keke hetak, akash wa toan chikappo
kamui chikappo tukan wa ankur, hoshkiukkur
sonno rametok shino chipapa ne ruwe tapan”
hawokai kane, teeta wenkur tane nishpa nep
poutari, konkani ponku konkani ponai
uweunupa untukan ko, konkani ponai
shichorpok chikushte shienka chikushte,
rapokita, hekachiutar tumukeheta
shine hekachi yayan ponku yayan ponai
ukoani iyeutanne, chinukar chiki
wenkur poho ne kotomno imi ka wano
akoeraman. Kipnekorka shiktumorke
chiuwante ko, nishpasani nekotomno, shinnai-
chikapne iyeutanne. Anihi nakka yayan ponku
yayan ponai uweunu wa unramante ko,
teeta wenkur tane nishpanep poutari euminare
ene hawokai:――
“Achikara ta wenkur hekachi
toan chikappo kamui chikappo aokaiutar
akor konkaniai ka somouk ko, enepkoran
wenkur hekachi kor yayanai muninchikuniai
toan chikappo kamui chikappo shinoshino
uk nankor wa.”
hawokai kane wenkur hekachi ukooterke
ukokikkik. Kipnekorka wenkur hekachi
senne ponno ekottanu uneyoko.
Shirki chiki ihomakeutum chiyaikore.

“Shirokanipe ranran pishkan,
konkanipe ranran pishkan.” arian rekpo
chiki kane moiretara kamuinish kashi
chikoshikarinpa, wenkur hekachi
oatchikiri otuimaashi oatchikiri ohanke ashi,
poknapapushi shikoruki yoko wa anaine
unkotushura, tapan ponai ekshirkonna
tonnatara, shirki chiki chisantekehe
chiturpa wa nean ponai chieshikari
shikachikachiash rapash humi
chiekisarshut maukururu.
Ikichiash awa, nerok hekattar uhoyuppare
wenotaupun shiokotpakor unuwetushmak.
Toitoi kata hachirash koiramno hoshkinopo
wenkur hekachi unkoshirepa uneshikari.
Shirki chiki, teeta wenkur tane nishpa nep
poutari iyoshino hoyuppa wa arki,
tuwan wenitak rewan wenitak shuipa kane
wenkur hekachi ukooputuipa ukokikkik.
“Shirun hekachi wenkur hekachi
hoshki tashi aki kushnep eiyetushmak.”
hawokai ko, wenkur hekachi unkashike
kamu kamu unhonkokishma.
Hushkotoi wano iki aine ainuutur wa
soikosanu orowano hoyupu humi taknatara.
Teeta wenkur tane nishpa nep poutari
shuma ari nihum ari yapkir korka
wenkur hekachi senne pono ekottanu
wenotaupun shiokote hoyupu aine shine ponchise
chisesoikehe akoshirepa. Pon hekachi
rorunpurai kari unahunke kurkashike
itakomare, tapne tapne nekatuhu eisoitak.
Chiseupshor wa onneumurek
tekkakipo rikunruke raunruke arki wa
inkarash ko, shino wenkur ikikorkaiki
nishpa ipor katkemat ipor ukoturpa,
unnukar awa, ikkeu noshki komkosampa.
Poroshikupkur yaikokutkor yupu kane
unkoonkami.
“Kamuichikap kamui pase kamui
wenash shiri chiwenchisehe
koshirepa shiri iyairaikere.
Teeta anak nishpa otta yayukopishkip
chine akorka tane anakne tan korachi
shirun wenkur ne okayash wa, kotankor kamui
pase kamui chireushire ka
aeoripak kiwaneyakka tanto anak
tane shirkunne kushu tanukuran pase kamui
areushire wa nisatta anak ouse inau aripoka
pase kamui aomante kushne.” ari okaipe
ye kor tuwan onkami rewan onkami ukakushte.
Poroshikupmat rorunpurai chorpoketa
okitarunpe soho kar wa otta unante.
Taporowa opittano hotkei nani etoro hawe
meshrototke.
Chinetopake ashurpe ututta rokash kane
okayash aine shiannoshki turpaketa
chirikipuniash.

“Shirokanipe ranran pishkan,
konkanipe ranran pishkan.”
arian rekpo haukenopo chiki kane,
tapan ponchise eharkiso un eshiso un
terkeash humi tununitara.
Shirappaash ko unpishkan ta
pirkaikor kamuiikor tuihumkonna
tununitara.
Irukai neko tan ponchise pirkaikor
kamuiikor chieshikte.

“Shirokanipe ranran pishkan,
konkanipe ranran pishkan.”
arian rekpo chiki kane tapan ponchise
irukai neko kani chise poro chise ne
chikar okere, chiseupshoro kamuiimoma
chiekarkar, kamuikosonte pirkaike
chitunashkarkar chiseupshoro chietomte.
Nishpa horari ruwe okkashita tan porochise
upshoroho chitomtekarkar, chiokere ko
hushko anpe chishikopayar chihayokpehe
ashurpeututa rokash kane okayash.
chisekorutar chiwentarapka.
Ainunishpa maukowen wa wenkur ne wa,
teeta wenkur tane nishpa nep utarorke wa
apiye hawe akorewen shiri chinukar wa,
chierampoken kushu, pashtakamui
chine ruwe ka shomone korka, ainuchise
chiko reushi chipirkare ruwe ne katuhu
chieramante.
Taporowa ponno okayash shirpeker awa
chisekor utar shine ikinne uhopunpare.
Shik noyanoya inkanrokpe opittano
amso kata oahuntaipa. Poroshikupmat
tuchish wenpe yayekote, poroshikupkur
tu pekernupe re pekernupe yaikorapte,
okai rokine, poroshikupkur chirikipuni
unotta arki tuwan onkami rewan onkami
ukakushte kurkashike itakomare:
“Tarap hetapne mokor hetapne chiki kuni
chiramu awa iyosserkere ikaran ruwe,
wenash shiri otuiash shiri chiwenchisehe
koshirepa patek neyakka chieyairaikep,
Kotankor Kamui pase kamui maukowenash ruwe
chierampoken unekarkar,
chikashnukar nakka shipase ike aunekarkar
kiruweokai.” ari okaipe chishturano
eonkami.
Taporowa poroshikupkur inauni tuye
pirka inau tomtekar wa unetomte.
Poroshikupmat yaikokutkor yupu kane
pon hekachi shikashuire usa nina
usa wakkata sakeshuye etokooiki, irukai neko
iwan shintoko rororaipa.
Orowano apehuchi kamuihuchi tura
usaokai kamuiorushpe chieuweneusar.
Tutko pakno shiran ko, kamuierushuipe
nepnekushu chiseupshoro sakehura
epararse.
Tata otta nea hekachi okamkino
hushko amip amire wa kotanepitta okai
teeta wenkur tane nishpa nep utarorkehe
ashke aukte kushu asange wakushu
oshiinkarash ko ponhekachi chisepishno
ahun wa sonkoye ko,
teeta wenkur tane nishpa nep utarorkehe
euminare:
“Usainetapshui wenkurutar koohanepo
nekonaan sake kar wa nekonaan
marapto an wa eunahunke hawe ta an,
payean wa nekona shirki ya inkarash wa
aemina ro.” ari
hawokai kane inne topa ne uweutanne
arki aine toop tuimano ouse chise nukar wa
ehomatpa yashtoma wa nani hoshippap ka okai,
chisesoi pakno arki wa oahuntaipap ka okai.
Shirki chiki chisekor katkemat soine wa
ainuopitta ashkehe uk wa ahupte ko,
opitta no shinu kane reye kane ahup wa
hepunpa ruwe oararisham.
Shiranchiki chisekon nishpa chirikipuni
ki charanke kakkokhau ne ouseturse
ene ene ne katuhu eisoitak:
“Tapne tapne wenkur ane wa raukisamno
ukopayekai ka aeaikap ruwe ne a korka
pase kamui unerampokiwen, nep wenpuri
chikon ruwe ka somone a kushu tankorachi
aunkashnukar ki ruwene kushu,
tan tewano kotanepitta shine utar
ane ruwene kushu uwekatairotkean
ukopayekaian ki kunine nishpa utar
akoramkor shiri tapan.” ari okaipe
echaranke awa nishpa utar
otusanashke oresanashke ukaenoipa
chisekor nishpa koyayapapu, tewano anak
uwekatairotke kuni eukoitak.
Chiokai nakka aunkoonkami.
Taporowa ainuopitta ramuriten wa
shisak tonoto ukoante.
Chiokai anak Kamui Huchi Chisekor Kamui
Nusakor Huchi tura uweneusarash kor
ainupitoutar tapkar shiri rimse shiri
chinukar wa chieyaikiror ante kane,
tutko rerko shiran ko ikuoka an,
ainupitoutar uwekatairotke shiri
chinukar wa chieramushinne,
Kamui Huchi Chisekor Kamui
Nusakor Huchi chietutkopak.
Taporowa chiunchisehe chikohekomo.
Unetokta chiunchisehe pirka inau
pirka sake chieshikte.
Shiran chiki hanke kamui tuima kamui
chikosonkoanpa chitak wa shisak tonoto
chiukoante, ikutuikata kamuiutar
chikoisoitaka, ainukotan chihotanukar
eneshirani eneshirkii chiomommomo ko,
kamuiutar unkopuntek.
Kamuiutar hekompaita pirka inau
tup chikore rep chikore.
Nea ainukotan orun inkarash ko
tane anakne ratchitara ainupitoutar
opittano uwekatairotke nea nishpa
kotan esapane wa okai,
nea hekachi tane anakne okkai pakno
shikup wa, mat ka kor po ka kor,
onaha ka, unuhu ka, nunuke kor okai,
rammaramma sakekarichi ko
ikiratpa ta usa inau usa sake unenomi,
chiokai nakka ainuutar sermakaha
hempara nakka chiehorari,
ainumoshir chiepunkine wa okayash.

ari kamuichikap kamui isoitak.
       梟の神の自ら歌った謡
     「銀のしずく降る降るまわりに」

「銀の滴降る降るまわりに,金の滴
降る降るまわりに.」という歌を私は歌いながら
流に沿って下り,人間の村の上を
通りながら下を眺めると
昔の貧乏人が今お金持になっていて,昔のお金持が
今の貧乏人になっている様です.
海辺に人間の子供たちがおもちゃの小弓に
おもちゃの小矢をもってあそんで居ります.

「銀の滴降る降るまわりに
金の滴降る降るまわりに.」という歌を
歌いながら子供等の上を
通りますと,(子供等は)私の下を走りながら
云うことには,
「美しい鳥! 神様の鳥!
さあ,矢を射てあの鳥
神様の鳥を射当てたものは,一ばんさきに取った者は
ほんとうの勇者,ほんとうの強者だぞ.」
云いながら,昔貧乏人で今お金持になってる者の
子供等は,金の小弓に金の小矢を
つがえて私を射ますと,金の小矢を
私は下を通したり上を通したりしました.
その中に,子供等の中に
一人の子供がただの(木製の)小弓にただの小矢
を持って仲間にはいっています.私はそれを見ると
貧乏人の子らしく,着物でも
それがわかります.けれどもその眼色を
よく見ると,えらい人の子孫らしく,一人変り
者になって仲間入りをしています.自分もただの小弓に
ただの小矢を番えて私をねらいますと,
昔貧乏人で今お金持の子供等は大笑いをして
云うには,
「あらおかしや貧乏の子
あの鳥,神様の鳥は私たちの
金の小矢でもお取りにならないものを,お前の様な
貧乏な子のただの矢腐れ木の矢を
あの鳥,神様の鳥がよくよく
取るだろうよ.」
と云って,貧しい子を足蹴にしたり
たたいたりします.けれども貧乏な子は
ちっとも構わず私をねらっています.
私はそのさまを見ると,大層不憫に思いました.

「銀の滴降る降るまわりに,
金の滴降る降るまわりに.」という歌を
歌いながらゆっくりと大空に
私は輪をえがいていました.貧乏な子は
片足を遠く立て片足を近くたてて,
下唇をグッと噛みしめて,ねらっていて
ひょうと射放しました.小さい矢は美しく飛んで
私の方へ来ました,それで私は手を
差しのべてその小さい矢を取りました.
クルクルまわりながら私は
風をきって舞い下りました.
すると,の子供たちは走って
砂吹雪をたてながら競争しました.
土の上に私が落ちると一しょに,一等先に
貧乏な子がかけついて私を取りました.
すると,昔貧乏人で今は金持になってる者の
子供たちは後から走って来て
二十も三十も悪口をついて
貧乏な子を押したりたたいたり
「にくらしい子,貧乏人の子
私たちが先にしようとする事を先がけしやがって.」
と云うと,貧乏な子は,私の上に
おおいかぶさって,自分の腹にしっかりと私を押えていました.
もがいてもがいてやっとの事,人の隙から
飛び出しますと,それから,どんどんかけ出しました.
昔は貧乏人で今は金持の子供等が
石や木片を投げつけるけれど
貧乏な子はちっとも構わず
砂吹雪をたてながらかけて来て一軒の小屋の
表へ着きました.子供は
第一の窗から私を入れて,それに
言葉を添え,斯々かくかくのありさまを物語りました.
家の中から老夫婦が
眼の上に手をかざしながらやって来て
見ると,大へんな貧乏人ではあるけれども
紳士らしい淑女らしい品をそなえています,
私を見ると,腰のなかをギックリ屈めて,ビックリしました.
老人はキチンと帯をしめ直して,
私を拝し
「ふくろうの神様,大神様,
貧しい私たちの粗末な家へ
お出で下さいました事,有難う御座います.
昔は,お金持に自分を数え入れるほどの者で
御座いましたが今はもうこの様に
つまらない貧乏人になりまして,国の神様
大神様をお泊め申すも
畏れ多い事ながら今日はもう
日も暮れましたから,今宵は大神様を
お泊め申し上げ,明日は,ただイナウだけでも
大神様をお送り申し上げましょう.」という事を
申しながら何遍も何遍も礼拝を重ねました.
老婦人は,東の窗の下に
敷物をしいて私をそこへ置きました.
それからみんな寝ると直ぐに高いびきで
寝入ってしまいました.
私は私の体の耳と耳の間に坐って
いましたがやがて,ちょうど,真夜中時分に
起き上りました.

「銀の滴降る降るまわりに,
金の滴降る降るまわりに.」
という歌を静かにうたいながら
この家の左の座へ右の座へ
美しい音をたてて飛びました.
私が羽ばたきをすると,私のまわりに
美しい宝物,神の宝物が美しい音をたてて
落ち散りました.
一寸のうちに,この小さい家を,りっぱな宝物
神の宝物で一ぱいにしました.

「銀の滴降る降るまわりに,
金の滴降る降るまわりに.」
という歌をうたいながらこの小さい家を
一寸の間にかねの家,大きな家に
作りかえてしまいました,家の中は,りっぱな宝物の積場
を作り,りっぱな着物の美しいのを
早つくりして家の中を飾りつけました.
富豪の家よりももっとりっぱにこの大きな家の
中を飾りつけました.私はそれを終ると
もとのままに私の冑の
耳と耳の間に坐っていました.
家の人たちに夢を見せて
アイヌのニシパが運が悪くて貧乏人になって
昔貧乏人で今お金持になっている者たちに
ばかにされたりいじめられたりしてるさまを私が見て
不憫に思ったので,私は身分の卑しいただの神では
ないのだが,人間の家
に泊って,恵んでやったのだという事を
知らせました.
それが済んで少したって夜が明けますと
家の人々が一しょに起きて
目をこすりこすり家の中を見るとみんな
床の上に腰を抜かしてしまいました.老婦人は
声を上げて泣き,老人は
大粒の涙をポロポロこぼして
いましたが,やがて,老人は起き上り
私の処へ来て,二十も三十も礼拝
を重ねて,そして云う事には,
「ただの夢ただの眠りをしたのだと
思ったのに,ほんとうに,こうしていただいた事.
つまらないつまらない,私共の粗末な家に
お出で下さるだけでも有難く存じますものを
国の神様,大神様,私たちの不運な
事を哀れんで下さいまして
お恵みのうちにも最も大きいお恵みをいただき
ました事.」と云う事を泣きながら
申しました.
それから,老人はイナウの木をきり
りっぱなイナウを美しく作って私を飾りました.
老婦人は身仕度をして
小さい子を手伝わせ,薪をとったり
水を汲んだりして,酒を造る仕度をして,一寸の間に
六つの酒樽を上座にならべました.
それから私は火の老女,老女神と
種々な神の話を語り合いました.
二日程たつと,神様の好物ですから
はや,家の中に酒の香が
漂いました.
そこで,あの小さい子にわざ
古い衣物を着せて,村中の
昔貧乏人で今お金持になっている人々を
招待するため使いに出してやりました.ので
後見送ると,子供は家毎に
入って使いの口上を述べますと
昔貧乏人で今お金持になっている人々は
大笑いをして
「これはふしぎ,貧乏人どもが
どんな酒を造ってどんな
御馳走があってそのため人を招待するのだろう,
行ってどんな事があるか見物して
笑ってやりましょう.」と
言い合いながら大勢打ち連れて
やって来て,ずーっと遠くから,ただ家を見ただけで
驚いてはずかしがり,そのまま帰る者もあります,
家の前まで来て腰を抜かしているのもあります.
すると,家の夫人が外へ出て
人皆の手を取って家へ入れますと,
みんないざり這いよって
顔を上げる者もありません.
すると,家の主人は起き上って
カッコウ鳥の様な美しい声で物を言いました.
斯々かくかくの訳を物語り
「この様に,貧乏人でへだてなく
互に往来も出来なかったのだが
大神様があわれんで下され,何の悪い考えも
私どもは持っていませんのでしたのでこの様に
お恵みをいただきましたのですから
今から村中,私共は一族の者
なんですから,仲善くして
互に往来をしたいという事を皆様に
望む次第であります.」という事を
申し述べると,人々は
何度も何度も手をすりあわせて
家の主人に罪を謝し,これからは
仲よくする事を話し合いました.
私もみんなに拝されました.
それが済むと,人はみな,心が柔らいで
盛んな酒宴を開きました.
私は,火の神様や家の神様や
御幣ごへい棚の神様と話し合いながら
人間たちの舞を舞ったり躍りをしたりするさまを
眺めて深く興がりました.そして
二日三日たつと酒宴は終りました.
人間たちが仲の善いありさまを
見て,私は安心をして
火の神,家の神
御幣棚の神に別れを告げました.
それが済むと私は自分の家へ帰りました.
私の来る前に,私の家は美しい御幣
美酒が一ぱいになっていました.
それで近い神,遠い神に
使者をたてて招待し,盛んな酒宴を
張りました,席上,神様たちへ
私は物語り,人間の村を訪問した時の
その村の状況,その出来事を詳しく話しますと
神様たちは大そう私をほめたてました.
神様たちが帰る時に美しい御幣を
二つやり三つやりしました.
のアイヌ村の方を見ると,
今はもう平穏で,人間たちは
みんな仲よく,彼のニシパが
村に頭になっています,
彼の子供は,今はもう,成人
して,妻ももち子も持って
父や母に孝行をしています,
何時でも何時でも,酒を造った時は
酒宴のはじめに,御幣やお酒を私に送ってよこします.
私も人間たちの後に坐して
何時でも
人間の国を守護まもっています.

  と,ふくろうの神様が物語りました.