Up 踏舞 作成: 2016-12-26
更新: 2016-12-26


     知里真志保『アイヌ文学』(民族教養新書), 元々社, 1955. (復刻版 2011)
     
    p.31
    アイヌの歌謡は古くさかのぼれば踏舞と一体のものであり、その調子も唸りや叫びに近づく。
    その唸りは魔を追うためのものであり、叫びは神の関心を呼ぶためのものであった。
    しかしそういう叫びや唸りが踏舞のかけ声と共に後には歌謡のはやしとなり、神謡の折返しともなるのである。
    英雄詞曲さえも祈詞や会見の辞とほぼ同じ調子でうなられるのであるが、それはまったく上記誦呪の調子を受けついでいると見られるのである。