ttp オイナの理由──世界・生活の理由づけ 作成: 2017-01-11
更新: 2017-01-11


    ひとは,つぎのの問いをもつ:
      世界はなぜこのようなのか
      自分はなぜこのようなのか
      生活はなぜこのようなのか
    そして,自分を納得させる物語をつくる。
    これが,アイヌの場合,オイナということになる。


     Nevsky, Nikolai (1892-1937)『アイヌ・フォークロア』
      北海道出版企画センター, 1991. pp.168-177
     
    Kotan-kor-shapo
    i-reshpa-wa
    ramma kane
    katkor kane
    oka-an-ike
    inerokpekusu
    i-j-omap kushu
    shirikija!
    i-tomte-reshu
    oka-an ajne
    tane-ne-kushu
    ponno poro-an.
    orowano
    shirika nuje
    tomika nuje
    a-ki konneshi
    oka-an-ike
    neun-ne-shiri
    ne-nao kora
    rik-um-moshiri -wa
    chi-nuje kampi
    ran -kor0
    akor shapo
    nukar-wa oro-wa
    itasha kampi
        村の主のお姉さんが
    私を育てて
    いつも
    変わらずに
    暮らしています。
    どれほど
    姉は私を可愛がって
    くれるのでしょう。
    私を美しく着飾らせて
    暮らしています。
    いつのまにか
    少し大きくなりました。
    それから
    刀の鞘や,
    宝刀の鞘に模様を
    施していました。
    そう暮らしていると,
    一体
    どうしたことでしょう。
    天の国から
    手紙が
    降りてきて
    姉は
    それを読んでから
    返事を
    nuje-wa arpa-rao ke.
    konneshiun
    oka-an aine
    tane iwai shui
    kampi ran ruwene
    kampi arnare ruwene
    imakake-ta
    akor shapo
    ikopak-shama
    e-nao -kiru
    ene itak-i:
    《In kar-kushu
    a-reshpapito
    a -reshpa kamui
    itak-an chiki
    uwonnere jan!
    tetta kane
    ajnu e-nupur kushu
    ajnu sheremak
    enupur-kushu
    a-e-ereshu kushne-p
    kamui-nish-ka-wa
    inau-pinne-kur
    inau-mat-ne-ma t
    umurek-kamui
    a-rante awa
    nish-o-shitchiw-i
    imakake-ta
    poro nitne-kamui
    kamui ne-jakka
    umama -kamui
    e-pet-turasi-p
    書いて出しました。
    そのようにして
    暮らしています。
    今では六回
    手紙が届いて
    出されました。
    その後で
    姉は
    私の方に
    顔を向けて
    述べることには,
    「いいですか
    私の育てた魂,
    私の育てた神様,
    私の話すことを
    よく聞いて下さい。
    その昔
    人間に巫力を与え,
    人間の運命を
    守るために,
    あなた様をお育てするために,
    天界から
    イナウの男神と
    イナウの女神の
    御夫婦の神様が
    降臨されました。
    雲の出入りするところの
    遥か向こうに
    大魔神がいて
    神様なのですが
    いい加減な神様で
    神様らしく
    isam wen-kamui
    ar ruwene awa.
    inaupinnekuru
    inaumatnemat
    e-ikka ruwene.
    kane chashi
    iwan chashi
    shirat chashi
    iwan chashi
    uwor-um-ma
    oro-ta auweo -kamui
    ne ruwene-wa
    shi-ror-wa
    inaupinnekuru
    anu ruwene
    shi-j-uturu-wa
    inau-mat-ne-kuru
    anu-wa
    e-un-no kane
    sancha -otta
    mina kane
    an ruwene-wa
    ainu e-nupur-kushu.
    nea inau
    ne-wa-kusu
    tu-nupur-kamui
    inaumatnekuru
    inaumatnekuru
    tekepashite kushu
    paje koro
    paje ru-tom-un
    nukar-wa
    ない悪い神様
    なのです。
    イナウの男神と
    イナウの女神を
    奪ってしまったのです。
    鉄の砦,
    六っつの砦が
    岩の砦,
    六っつの砦が
    幾重にも連らなり,
    そのなかに魔神が
    いるのです。
    貴賓席には
    イナウの男神が
    おられます。
    炉尻のお席には
    イナウの女神が
    お座りになり,
    それを魔神はじっと見て
    口許に
    笑いを浮かべて
    いるのです。
    人間に巫力を与えるための
    イナウ
    ですので
    巫カのあられる二神が
    イナウの女神と
    イナウの男神を
    連れ戻しに
    赴き,
    その途中で
    見つかってしまい
    hoshippa-re
    nupao kamui
    shipima tom-un
    nukar-wa
    hoshippare
    kor shi -an ruwene wa
    e-moshima-an kuru
    inau tekpashite
    ki kuru isham
    ruwene shekoro
    ampe tap-tap
    kamui -moshiri -wa
    kampi ran ha we
    ao koroka
    na e-pom-ma
    e-arpa kuni
    aeapte kushu
    a-kopao kampi-hi
    a -arpare aj ne .
    iwan ikin-ne
    kampi ran hawe
    ne ruwene na!
    a-reshpa kamui
    tane anakune
    pakno poka
    e-poro ruwene na.
    inau tekpashte!
    e-nupur kushne-p
    eani tap-ne
    aekeshike kusu
    ar-weo -kamui
    e-ikka ruwe!》
    帰されてしまいました。
    巫力の無い神様が
    身支度を整えると
    それを見つけては
    帰して
    しまうのです。
    あなた様以外に
    イナウを取り戻せる
    お方はいらっしゃらないのです。
    という
    事の詳細を
    天界から
    綴った手紙
    なのですが
    まだ小さかったので
    あなたがお出かけになることには
    同意出来ず,
    断りの手紙を
    送り続けてきました。
    六回も
    手紙で言って
    きました。
    私がお育てした神様,
    今はもう
    充分に
    御成長なさいました。
    イナウを取り戻して下さい。
    あなた様は巫力を授かったのです。
    そのようなあなた様が
    羨やましくさえ思います。ですから
    魔神から
    (イナウを) 取り戻して下さい。」
    ne na shekoro
    hawe-an ike.
    irushka keutum
    a-jai-korpare.
    oro-wa neshi
    shoj-wa sham-ma
    a-oshiraje
    kor oro-wa
    akor shapo
    ene itak-i:
    《ainu otta
    pun kau shekoro
    a-je chikuni
    kamuj-otta
    a-re-ko-tatu
    ko-pak-pak-she-kurti
    kopakpakshe-ma!
    ne ruwe tap an.
    re-hot e-nishuk!
    ainu otta
    shushu shekoro
    aje chikuni
    kamuj-otta
    arekokatu
    kami-retar-kur
    kamiretar-mat
    ne ruwe tap an
    re-hot e-nishuk!
    ajnu otta
    ajushni shekoro
    aje chikuni
    kamui otta
    そのように
    姉が語ってくれると
    怒りが
    込みあがってくるのでした。
    そしてそれから
    家の外へ出て
    出立しました。
    そして, その時
    姉が
    言ってくれたことは
    「人間界で
    ハシドイと
    呼んでいる立樹は
    天界での
    呼び名は
    パチパチ音を立てる男神,
    パチパチ音を立てる女神と
    いいます。
    その神々に60回頼みなさい。
    人間界で
    柳と
    呼んでいる立樹は
    天界では
    その名を
    肉の白い男神,
    肉の白い女神と
    いいます,
    その神々に60回頼みなさい。
    人間界で
    センノキと
    呼んでいる立樹は
    天界では
    arekokatu
    ko-ai-chari-kuu!'
    koaichari-ma t
    ne-ruwe-tap-an
    re-hot enishuk!
    oro-wa shui
    ajnu otta
    chikupeni shekoro
    aje chikuni
    kamuj-otta
    arekokatu
    fura-tunash-kuru
    fura-tunash ma t
    ne ruwe tapan.
    〔re-hot enishuk〕
    ajnu otta
    kene shekoro
    aje chikuni
    kamuj-otta
    arekokatu
    kami-hure-kurti
    kami-fure-ma t
    ne ruwe tap-a-kusu
    re-hot enishuk!
    e-pish-ne re-hot
    e-kim-ne re-hot
    e-ashi-wa
    uturu-hu-ta
    itak-ko-apkash
    e-ki-wa oro-wa
    e-arpa jakne
    ene shiri-kihi
    その名を
    矢を放つ男神,
    矢を放つ女神と
    いいます。
    その神々に60回頼みなさい。
    それからまた
    人間界で
    エンジュと
    呼んでいる立樹は
    天界では
    その名を
    芳香を発する男神,
    芳香を発する女神と
    いいます。
    〔その神々に60回頼みなさい〕
    人間界で
    ハンノキと
    呼んでいる立樹は
    天界では
    その名を
    肉の赤い男神,
    肉の赤い女神と
    いいます。
    60回頼みなさい。
    海へ向かつて60回
    山へ向かつて60回
    立ち
    その間を
    呪文を唱えて歩きなさい。
    その後で
    出かけたら
    為すべきことが
    e-nukan nan kon-na!》
    shekor hawe-an.
    tampe kushu
    pun kau re-hot
    shushu re-hot
    ajushni re-hot
    tsikupeni re-hot
    kene re-hot
    a-nishuk ruwene.
    ne uturu
    tumi shimaka
    wempe shimaka
    a-jai-tap-kuriika
    oshikiru
    ki-rok awa
    i-pishkan-ike
    hum-ko-shampa
    menoko-po-topa
    okkajpo-topa
    hajok-utari
    a-shetur-kashi
    rarpa kane
    oro-wa-no
    moshit turashi
    paje-an ajne
    a-je-rok-kuni
    nish-o-shitchiw-i
    imakake-he
    a-epa koro
    menoko-po topa
    okkaj-po topa
    inne-wa
    分るでしょう。J
    と姉は言いました。
    それで
    ハシドイの木に60回,
    柳の木に60回,
    センノキに60回,
    エンジュに60回,
    ハンノキに60回,
    頼みました。
    その間に
    戦いの真似をし,
    合戦の真似をして
    自分の背後を
    振り返りました。
    すると
    私の廻りには
    轟音が響き渡っているのでした。
    娘達の群れ,
    若者達の群れが
    鎧を纏って
    私の背後に
    近づいているのでした。
    それから
    大地に沿って
    進んで行くと
    前に述べた
    雲の出入りするところの
    遥か向こうに
    到着しました。
    娘達の群れと
    若者逮の群れが
    一団となって
    twni shimaka
    e-u-tap-kur-ka
    oshikiri -pa-koro
    oka rapok-ta
    shirat chashi
    kane chashi
    iwan chashi
    oposho
    peken rera ne
    ahun-am-ma
    inkar-an ruwe:
    a-je-rok-kuni
    poro-nitne-kamui
    kanchi-pak-ne
    torat-tush ani
    jai-ko-shina-I?
    ror-ke-he-ta
    a-je-rok-kuni
    inau-pinne-kuru
    an ruwene.
    uturu-ke-ta
    inau-mat-ne-ma t
    an ruwene-wa
    ek-an katu
    e-ramu-am-pe
    ne-wa-ne-jakne
    kotom koroka
    okkajpo topa
    menokopo topa
    niwen-horipi
    e-u-tap-kur-ka
    oshikiru-hi-un-no
    戦いの真似をして
    互いに後を振り返り
    身体を動かしています。
    しばらくすると
    岩の砦,
    鉄の砦,
    六っつの岩を
    通って
    風に乗るようにして
    中へ入りました。
    見たのです。
    前に述べたように
    大魔神が
    舟の櫂程の
    トドのなめし皮の綱で
    自ら縛りつけていました。
    貴賓席には
    前に述べた
    イナウの男神様が
    いらっしゃり
    炉尻の席には
    イナウの女神様が
    いらっしゃいました。
    私が来たことに
    気がついては
    いる
    らしいのですが
    若者の一群と
    娘達の一群が
    威嚇の跳躍をしながら
    互いに後を振り返り
    身体を動かしていて,
    shancha otta
    mina kane-wa
    illakr-wa
    oka hike.
    inaumatnekurti
    inaupinnekuru
    a-tekshaikare
    shoj-o-tereke-an
    shi-j-oka-un
    nea chachi
    a -shiriko-otereke
    iwam pokna-moshiri
    a-ko-otereke-wa
    moshirr-pa-ta
    hekutu-kushune-koro
    e-kari-a-otereke
    moshiri-kesh-ta
    hetu ku -kushne-koro
    e-kari a-otereke
    ki-rok ajne
    iwam pokna-moshiri
    a -oposhore ruwene.
    oro-wa neshi
    hushipi-an-ike
    okkajpo topa
    menokopo topa
    wem mina-haw
    wej shinot-hau
    uko-roshki-koro
    i-teksham-urke
    e-un e-un
    konneshiun
    (大魔神は) 口許に
    笑を浮かべて
    それを見て
    いるのでした。
    イナウの女神様と
    イナウの男神様を
    手に摑んで私は
    外へ跳び出ました。
    続いて
    その砦を
    踏みつけました。
    六っつの地獄に
    突き落としてやろうと
    大地の先へ
    出てきたら,
    先廻りをして踏みつけ,
    大地の端に
    出てきたら,
    そこで踏み潰してやり,
    そしてとうとう
    六っつの地獄に
    突き落としました。
    その後
    引き返しました。
    大勢の若者達の,
    大勢の娘達の
    高笑いの声,
    大笑いの声が
    混じり合って
    私自身のなかへ
    次から次へと入ってくるのでした。
    そして
    arki-an ajne
    akor shapo
    oro-ta ek-an
    kia-kushu
    chikuni ne-rok kushu
    ne-hine-no ne-rok-pe
    opitta oka
    oro-wa neshi
    akor shapo
    i-kopuntek
    《Tane anakune
    eani tashi
    e-nupur-kushune-p
    inau ne awa
    arkamiashi
    eikka-ap
    e-uk shiri-ne jakun
    te-wa -no anak
    uwepaketa
    ainu ke-wa
    kamuj -a -enomi -kuni-p
    inau ne-shiri
    ne-hi tapan-na!》
    shekoro
    akor shapo
    hawe-an
    歩いているうちに
    姉の
    処に到着しました。
    昔あった
    立樹は
    そのまま
    全てありました。
    それから
    姉は
    私に言うことには
    「今正に
    あなた様は
    巫力を持つ者となられ
    イナウを
    大魔神が
    奪い, それを
    取り戻しました。
    これからは
    少しずつ
    人間が削って
    神様にお祈りする
    そういうイナウに
    して下さい。」
    そのように
    姉は
    語りました。