Up 開国・北海道統治政策 : 要旨 作成: 2017-02-26
更新: 2017-02-26


    国の辺境政策は,つぎの二つの意味が重なっている:
    1.  外国の進出・侵略を防ぐ
    2. 「開拓」(商品経済化)
    そして,その時々で,aの要素が大きかったり,bの要素が大きかったりする。

    明治新政府になってからの北海道への和人入植も,この場合である。
    当時のロシア極東進出への対策と,開拓 (商品経済化) の二面がある。


    開拓 (商品経済化) は,アイヌの生活を破壊する。
    この事態は,「二つの日本」──北海道進出を狙うロシアに,アイヌがなびく──を懸念させることになる。
    そこで,アイヌの懐柔・同化が必要となる:
      明治2年5月21日の詔
    蝦夷は皇国の北門にして山丹満州に接し,略境界ありと雖も北門に至りては中外雑居す。
    之に加ふるに従来官吏の土人を使役する甚だ苛酷、而して外人頗る愛恤を尽す。
    故に土人往々我を怨望し,彼を尊信するに至る。
    一旦彼民苦を救ふを名として土人を煽動するあらば其の渦延て松前、函館に及ばん。
    方今の要務は渦を未然に防ぐにあり。
    函館平定の後速かに開拓教導を蝦夷に施し、人民蕃殖の域となさんとす。
    其利害得失各意見を陳し、忌憚する処ある勿れ。

    こうして,アイヌは,<破壊されて・保護されて>の者になる。

    <破壊して・保護して>を,「(なま)殺し」と謂う。
    アイヌ終焉史は,アイヌ残酷史である。