Up 「適応」: 要旨 作成: 2016-06-04
更新: 2016-06-04


    生態系の遷移は,個の次元では「適応」である。
    生態系は,《自己参照 (self-referential) を以て,均衡状態をその都度実現/更新》を自動運動する。
    これの個の次元が,「適応」である。

    個の次元の適応は,種の浮沈を現象する。
    生態系の遷移は,種の次元では,優劣関係の変化である。
    そしてこの中で,絶滅する種もある。


    アイヌは,終焉している。
    「終焉」の内容は,《アイヌが,アイヌの生活をやめる》である。
    「アイヌの生活」の根幹は,狩猟採集である。
    アイヌはこの狩猟採集をやめるに至り,アイヌの終焉となった。

    アイヌを《狩猟採集をやめる》に導いたものは,商品経済である。
    商品経済は,アイヌを商品経済に導く。
    そして,アイヌの場合,《商品経済に導かれる》は《狩猟採集をやめる》である。

    この《狩猟採集をやめる》は,「適応」である。
    アイヌは商品経済に適応し,アイヌの終焉となる。


    狩猟採集生活の最初の相は,「自給自足」である。
    これの外部に,商品経済が現れる。
    狩猟採集生活に,「交易できるものの狩猟採集」の相が加わる。
    そして,これの比率をだんだんと大きくしていく。

    商品経済が,さらに貨幣経済として進出してくる。
    狩猟採集生活は,「金に換えられるものの狩猟採集」になっていく。
    山菜は,金に換えるために採る。
    魚は,金に換えるために漁る。
    動物は,肉や胆や皮を金に換えるために猟る。
    その金は何に使うのか。
    米の購入,布とか金属製品とかの生活用品の購入,病気になったときの病院費用等である。

    アイヌの生活は,ずっと昔から,商品経済とつながっている。
    アイヌの歴史は,商品経済への依存度を増していく歴史である。
    そして最後には,商品経済に完全に依存したものになる。

    特に,アイヌの生活に対する「自然との共生」の修飾は,ウソである。
    アイヌの生活に対する「自然との共生」の修飾は,イデオロギーから出てくる。
    そのイデオロギーは,アイヌの生活が「自然との共生」でないと不都合になるイデオロギーである。
    自分の都合を通すためにアイヌの生活を「自然との共生」にするのが,このイデオロギーである。


    適応は,<強いられる>と<択る>の二つのベクトルの(あや)である。
    アイヌは,商品経済で生きることを強いられ,併せて,商品経済で生きることを択る。

    「適応」は,是非のはなしではない。
    「是非もなし」のはなしである。
    「適応」は,「現状」("No more than this") である。

    いま「アイヌ」とは,「アイヌ」の笛を吹く者がいて,そしてこの笛に踊るのは動員される彼らの関係者だけ,という現象のことである。
    そしてこれも,「適応」現象である。
    「現状」("No more than this") である。