Up アイヌ()同化政策 作成: 2018-11-11
更新: 2018-11-11


    松前藩は,《アイヌを和人に同化させない》をアイヌ政策の方針とした。
    アイヌ同化政策は,明治政府になってからである。

    つぎは,松前藩の<禁同化>政策を非難していることになる最上徳内の言:
       最上徳内 (1790), 須藤十郎編 p.67.
     疾病は中国夷狄(いてき)の差別もさまで有まじき事なるに 我邦と蝦夷人の(おおい)に異なるは如何ぞや、 是皆松前領主の法令の然らしむる所なり、
    (すべ)て夷人、日本の言語をつかう時は通辞令に(そむき)たる罪みを責め 遂に過料を出して罪を償うなり、
    或は蓑笠(みのかさ)を着し草鞋(わらじ)脚当(はばき)を履けば 又前章の如し、
    兎角(とにかく)日本風俗に化し染ぬ様にとするは 松前家の政なり、
    故に跣足(はだし)にして巌端(いわのはし)樹篠叢(きだちのなかくさむら)をも(いと)わず奔走し 頭髪は露、雨霜に濡瀝(ぬれ)し 屋に帰りても沫浴すると言(う)事もなく 誠に禽獣に異ならず、
    然れども元来同じ人間なれば、疱瘡或は疫癘(えきれい)流行すれば伝染する事、日本人に異ならず、
    若(し)是に遇えば 恐懼して宅居を棄て深山幽谷に(のが)れ往て流行の疫病(たえ)て後、故郷に帰り住居するなり、 親子夫婦は看病介抱するとも、其他は皆見離して見殺にして(のがれ)去る、 是医薬の術なき故なり、
    同じ人間に生れながら浅間しき国政に()う人間も有物(あるもの)にや、 余り堪難き事どもなり、 かかる(てい)を見るに附ても 吾邦の御世(みよ)の有難(き)事、猶弥増(なおいやまし)にして忘れ難きことなり。


    松前藩のアイヌ政策は,「愚民政策」である。
    アイヌが和人の知識・技術力を得て強くなることを懼れて,()同化政策を択る。

    明治新体制では,アイヌは維新政策を以て壊していくべき旧弊の一つと位置づけられるものになる。よって同化政策となる。


  • 引用・ 参考文献
    • 最上徳内 (1790) :『蝦夷草紙』
      • 須藤十郎編『蝦夷草紙』MBC21/東京経済, 1994