Up 「系統」の数理 作成: 2019-02-15
更新: 2019-02-15


    「系統」のことばは,政略的に用いられる。
    このとき,「系統」のことばは,意味がぼかされて用いられる。
    意味を厳格にすると,政略的に使えないからである。
    政略はプラグマティックスに属し,「系統」の意味はサイエンスに属する。
    両者は,対立する関係にある。

    "アイヌ"イデオロギーが「アイヌ民族」を唱えるのは,この類である。
    「アイヌ民族」は,「系統」の科学的意味──科学的定義──に照らしてナンセンスである。


    「アイヌ学者」は,<「系統」の科学的定義>の考えがないために,"アイヌ"イデオロギーに騙されてしまう。
    「アイヌ民族」のことばを使うことが<今日的>だと思い,「アイヌ民族」を進んで使う者になる。

    同様のことが,マスコミで成る。
    学者とマスコミが騙されるということは,すべてが「アイヌ民族」のことばに騙されるということである。
    かくして,現前のようになる。

    ここでは,この流れに抗う趣で,「系統」の科学的定義を示しておく。


    「科学的定義」といったが,この意味は「数理的定義」である。
    この定義は,厳格である。
    手法として,「再帰 recursion」を用いる。
    よって,「再帰」の概念・方法に親しんだことのない向きには,ここで示す「系統」の定義はハードルが高いかも知れない。
    しかし,「アイヌ学者」なら,これについて来れないようでは困る。


    過去・現在のすべてのヒト個体を考える。
    個体xに,xの出生時刻 f と死亡時刻 g の対 ( f, g) を対応させる。
    xが現在の個体の場合は,現在の時刻を g とする。

    時間軸を立て,xをつぎのように図表示する (横軸は不定としておく(註)):

    性別を込めて表すときは,「女 : 赤,男 : 青」とする :

    個体xが個体y,zをそれぞれ母,父として産まれたことを,つぎのように表す:

(母とつなぐ横線は赤,父とつなぐ横線は青)

    これをすべての個体に対して行うと,<全個体系統>図が得られる。
    (ここで「再帰」の考えを用いる。)


    この図は,途方もないものになる。
    「アイヌ民族」を主張することは,この途方もない絵図の中に「アイヌ民族」のパターンを特定できると主張することである。

    系統図は,時空間の中のネットワーク模様になる。
    ネットワークは,《一部を取り出そうとして持ち上げると,それに連なって周りがつぎつぎと持ち上がる》というものである。
    また,《一部を特定部位として切り出そうとすると,切るべき箇所がわからなくなる》というものである。

    「アイヌ民族」を主張する者は,系統がネットワーク構造をなすことを知らない者である。


     註 : 「横軸」は,「時空間」の「空間」の座標軸ということになる。
    個体は空間を移動するので,個体を表すことにした線分は,実際は曲線である。
    また,「時空間」の設定は絶対空間を立てることになるが,「絶対空間」は仮定のものである。
    「横軸は不定としておく」とは,このようなめんどうなことは考えないとしよう,ということである。