Up 夫婦の力関係 作成: 2019-01-13
更新: 2019-01-13


    ハシボソガラスの個体01 (♂) の観察では,夫婦間で餌を分け合うという行動様式は見られない。
    即ち,個体01 は,自分のつれあい (「個体02」) に対し,餌を独り占めする。
    個体02が餌を取ろうとすると,追い払って自分のものにする。
    ただし,個体02 が一旦嘴に餌をとってしまえば,個体01 がそれを奪おうとすることはない。

    個体02 は,個体01 を優先させる姿勢において一貫している。
    個体02 が独りのときに餌をおいても,自分では取りにこない。
    個体01 が飛んできて餌のところに降りる段になって,自分も降りてくる。
    個体01 がやってこないときは,個体01 を呼んでいるかのように鳴くこともある。

    餌に向かうとき,個体02 が個体01 の前に出るということはない。
    かくして,餌は個体01 の独り占めになる。
    個体02 は,残り物をさがす格好になる。

    ちなみに,個体02 にも餌がいくようにするには,個体01 の独り占めが困難なように餌を置く。
    即ち,《餌を置く場所を離れた2箇所にして,それぞれの場所で餌を多数の細片に分けて撒く》という方法になる。
    カラスは喉袋に食べ物を貯められるので,小片の数が少ないと独り占めできてしまうのである。