Up ハシボソガラス (嘴細烏) 作成: 2016-04-18
更新: 2018-08-26


分類: 動物界 | 脊椎動物門 | 脊椎動物亜門 | 鳥綱 | スズメ目 | カラス科 | カラス属




  • 参考Webサイト
  • 参考文献
    • 中村真樹子,『なんでそうなの 札幌のカラス』, 北海道新聞社, 2017
    • 唐沢孝一
      • 『カラスはどれほど賢いか──都市鳥の適応戦略』, 中公新書, 1988
      • 『カラスは天才!』, ごま書房, 1996
    • 杉田昭栄,『カラス──おもしろ生態とかしこい防ぎ方』, 農文協, 2004
    • 樋口広芳・森下英美子『カラス,どこが悪い!?』, 小学館文庫, 2000


  • 主題 (中村真樹子『なんでそうなの 札幌のカラス』から抽出)
      • 視力・聴力
        • 換羽
      • 体長
        • 50 cm
      • 体重
        • 500〜700 g
      • 体温
      • 寿命
        • 20年以上
      • 幼鳥
        • 口の中が赤 (成鳥の黒になるのに, 3年)

    • 行動
      • 開けた場所を好む (「田舎ガラス」)
      • 留鳥
      • 採食
        • 果実・種子,昆虫等小動物,動物の死骸
        • 貯食
        • ベリット
      • 鳴き声
      • 歩行
        • ウォーキング (ホッピングはしない)
      • 羽づくろい
        • 尾脂腺
      • 水浴び・雪浴び
      • 日光浴,蟻浴
      • 雪遊び
      • 天敵

    • 自他関係
      • コミュニケーション,情報共有,学習
      • 鳴き方
      • ()(ぜん)集合
      • (ねぐら)
      • なわばり
      • 若ガラス集団

    • 繁殖
      1. 求愛・造巣期:1月下旬〜3月中旬
        • なわばりの中で繁殖する
        • 求愛給餌
        • 巣は,毎年新しいものをつくる
        • 巣には,個性がある
      2. 産卵・抱卵期:3月中旬〜4月中旬
        • 1回に3〜5個の卵
        • 主にメスが抱卵し、その間オスはメスに餌を運ぶ
      3. 育雛   期:4月中旬〜5月下旬
        • 給餌は雌雄共同
      4. 巣立ち  期:5月下旬〜7月上旬
        • 孵化後約1か月で巣立ち
        • 巣立ちに至るのは,2〜3羽
        • 巣から出る・戻るを数日間やってから,最終的巣立ち
          この間,地面に不時着すると巣に戻るのに難儀──親が雛を守る威嚇行動に
      5. 巣外育雛 期:7月上旬〜10月上旬
      6. 独立・越冬期:10月中旬〜1月下旬
        • 強い個体が生き残る

    • 人間との関係
      • 人の同定
      • 巣立ち日前後1週間に,威嚇行動
        • 低空飛行,蹴り
        • 八つ当たり