Up 大本営発表「国内感染者数」 作成: 2020-03-01
更新: 2020-03-01


    現在 (3月1日),感染拡大は韓国とイタリアが目立っている。
    これに比べて日本は,感染者数はずっと少ない。
    この違いは,感染者数をカウントするかしないかの違いである。
    この他ではない。


    現政権は,「観光立国」を進める政権であり,特にいまは「オリンピック開催」が責務になっている政権である。
    政府の対ウィルス禍施策は,このような政権がとることになる施策である。
    即ち,つぎの視点で見ていくものになる:
     《 「観光立国」政権の対ウィルス禍施策は,どのようなものになるか?》


    感染者の実数を求めることは,「観光立国」日本にとって,何の得もならない──損しかない。
    政府は,「感染者数」というものが,操作できる数であることをわきまえている。
    ただし,実数の捏造は犯罪である。
    どうしたらよいか。
    感染者のカウントに天井をもうけるのである。
    検査システムを「検査を受けつけられるのは,○人まで」に仕立てればよい。

    もちろんこれは,インチキである。
    こんなやり方が果たして通るのか?
    通るのである。
    理由は,インフルエンザがもともと,<寝て治すもの・寝て治すしかないもの>だからである。
    国民の一人ひとりが<寝て治す>を内でやってくれれば,感染者数は表に出て来ない。


    ただし,「感染者数」が表に出てしまうところがある。
    それは,公立学校である。
    インフルエンザ流行の時期には,「生徒の○%が欠席」が報告されることになる。
    そこで,先回りして「全国一斉休校」を措置する。

    「全国一斉休校」には,「子どもの健康・命を守る」の名分がつく。
    「子どもの健康・命を守る」は,虚言である。
    事実は,
      「既に多くが感染している (感染は発症とイコールではない)」
      「今後感染する場所を,学校の外に変えただけ」
    と見ることになるからである。


    政府は,カウントした限りの数値を「感染者数」として発表する。
    これをマスメディアが伝える。
    「大本営発表とそれを伝える御用メディア」というわけであるが,これを直ちにけしからんとするのは了見違いである。
    ここは,先ずは「政府はうまくやってるわい」と見るところである。

    実際,ここに見るべきは,政府のクレバーさである。
    政府は何か悪いことをやっているのではない。
    繰り返すが,インフルエンザはもともと,<寝て治すもの・寝て治すしかないもの>である。
    特に新型の場合は,薬は無いから,病院治療もない。
    「入院」を「治療措置」のように思っている者もいるかも知れぬが,これは「隔離」である。


    ただしクレバーは,<悪いことをやっている>ではないが,<狡い>である。
    <狡い>は,気取られる。
    政府は,いまは目先のことに追い詰められてクレバーを択っているが,「観光立国」はよそから狡い国と見られることが命取りになる。──「感染者数を操作する国なんぞは,危なくて行かれない!

    策を弄する者は策に溺れる。
    よくよく用心すべし。