Up 「命・健康最優先」の非常識が通る 作成: 2020-03-08
更新: 2020-03-08


    パンデミックの生活リスクとして一番に考えておかねばならないことは,「命・健康最優先」の非常識が通るということである。

    新型ウィルス感染拡大の渦中の者は,つぎを<良識>とすることになる:
      いつものインフルエンザの類
      体の抵抗力を頼むのみ
      抵抗力はひとさまざま
      高齢者の死亡は寿命
    実際,ひとはこの<良識>をもっていつもの生活を過ごすのみである。
    しかし事態は,つぎのように進行する:
      周りの空気を読んで<良識>を圧し殺し「命・健康最優先」のタテマエ論に(くみ)する者が,表に立つ。
      そして,ひとの生活をつぎつぎと壊していく。

    それでもひとの多くは,<良識>を自分の生活で現す者である。
    生活は,<見えないウィルスを拭いて回る>や<消毒液設置>や<消毒剤散布>や<集まらない・群れない>の類を荒唐無稽として現すところだからである。