Up NHK/イデオロギー : 要旨 作成: 2020-07-04
更新: 2020-07-04


    NHK二ユースは,正義を立て,国民をその正義の者に仕立てようとする。
    正義を立てるのは,<イデオロギー>である。
    国民をその正義の者に仕立てようとするのは,全体主義である。

    NHKは,全体主義が実現されるよう報道内容を構成・編集する。
    都合のよい内容に出遭うまで取材し,それが全てであるように報道する。
    これは「やらせ」と同じである。
    NHK ニュースには,「世の不正義の犠牲者」がほぼコンスタントに登場してくる。
    これに対しては, 「そんな個人にどうして行き着けたのか?」と怪しむことになる。
    これも「やらせ」のうちである。


    「新型コロナ」では,NHK は「新型コロナは怖い」「新しい生活様式」の洗脳に徹する。
    愚にもつかぬ内容に「新型コロナは怖い」「新しい生活様式」のラベリングをして執拗に繰り返せば,ひとは洗脳される。
    NHK は,このことを本能的に知っている

    NHK ニュースは,自分が立てる正義を「専門家・有識者」を登場させて言わせる。
    NHK ニュースは,「専門家・有識者」を正しいものの見方・考え方をする者として登場させる。
    そこで,政府の「専門家/有識者会議」の員が NHK ニュースないし報道特番的番組に登場するとき,彼は政府を指導する者になる。
    彼のことばが正論ということになり,政府はこれに逆らえなくなる。

    「新型コロナ」では,こういうことが起こってきたわけである。
    NHK が世論形成を方法にして政府をコントロールできることが,示された。


    全体主義を体質にしているニュースメディアを国営として権威づけるのは,本来危ないことである。
    しかし逆に,個人主義・自由主義を立場とするニュースメディアを国営にするのは,これまた理屈が立たないことになる。
    これは,「国営ニュースメディア」が絶対矛盾だということである。