Up 採餌行動 作成: 2019-09-08
更新: 2019-09-08


    採餌は,周りを警戒しつつ行うものになる。
    物の陰になっている位置での採餌では,頸を伸ばしてその物越しに周りを見るということを絶えず行う。──餌の移動が容易なら,よい場所に移動する。

    但し,警戒する対象は,抜群に,隣のハシブトガラス──ブトa (カップルと子ども) ──である。
    採餌は,多くの場合,ブトa に気づかれている中のものになるからである。

    ブトa は,ボソ01 の餌を直接横取りしようとするものではない。
    ボソ01 のなわばりを認めているわけである。
    一方,ボソ01 がその餌を採らないことを期待している。
    そのときは自分がそれをもらおうというわけである。


    餌がいっぺんに食べるふうのものなら,ボソ01 はブトa の存在に構わず,これを採って喰う。
    問題は,いっぺんに食べるふうでない餌の場合である。

    この場合,ボソ01 が現す行動はバリエーションがある。
    (ボソ01 にはそれぞれ理屈があるのだろうが,観察者はこれを判じられないので「バリエーション」と言うほかない。)
    ただしふつうは,つぎのものである:
      《ブトa が「待機しても無駄」と諦めてどこかへ行ってしまう》をじっと待つ

    このときのブトa の場所は,《いつもの場所からボソ01 を観察》から《ボソ01 の身近に迫る》までいろいろである。
    そして だいたい 20分以内には,諦めて去る。
    これをボソ01 はじっと待っているわけである。
    ──ブトa がボソ01 を威圧しようとし,同じく威圧の(てい)でボソ01 がこれをはねつける──の攻防がここにはある。


    《いなくなるのを待つ》ストラティジーは,尤もなものである。
    《餌を別の場所に移動する》ストラティジーは見られていれば無意味だし,《口にくわえて別の場所に飛んで行く》ストラティジーも危うさがある。

    実際,ハシブトガラス2わ (ブトa カップルと思われる) が近くで見ているなかでボソ01 が餌を口にくわえて飛び立ったことがあるが,そのときはハシブトガラスに猛然と追われることになり,餌を離してハシブトガラスにとられることになった。
    ボソ01 が飛び立つ前まではハシブトガラスは様子見しているだけであったから,この追撃行動は動物の本能の「逃げる者に対してはこれを追撃する」に因ると判じられる。
    《いなくなるのを待つ》ストラティジーには,定めし, 「《口にくわえて別の場所へ飛ぶ》ストラティジーはダメ」の学習経験が込められている。


    さて,他のカラスに見られていないとなったとき,ボソ01 がすることは,餌を小分けにしつつ移動して隠す (草むらに突っ込んだり,草藳をかけたり) である。
    この小分けは,いま食べる分と後で食べる分の小分けである。
    ──この場合の「後で食べる分」が, 「貯食」と呼ばれているものである。