Up 繁殖に失敗したとき,なわばりは? 作成: 2019-07-18
更新: 2019-07-18


    ボソ01 の 2019年度繁殖は,失敗であった。
    育雛ステージにまで至った子どもは1わで,その1わも姿を消した (2019-06-22) ──即ち,死んだ。

    気になるのは,この前後にハシブトガラス (「隣のハシブトガラス」のブトaと思われる) がボソ01 のなわばりを自分のものであるかのように振る舞い出したことである。

    ボソ01 の抱卵・育雛時には,ハシブトガラスの姿はほとんど見ることがなかった。
    これは,ハシブトガラスが自分の持ち場で繁殖を粛々と営んでいたことを示唆する。
    したがって,ハシブトガラスがいまになってボソ01 を攻撃し出してこうなった,とは考えにくい。

    ということで,「繁殖に失敗するとは,なわばりがこうなることなのだ」というふうに考えているところである。
    即ち,つぎのような関係になるのだと:
      「(繁殖に失敗して) ただのカラスになったのだから,われわれになわばりを使わせろ」
      「まあどうぞ」

    実際,ハシブトガラスがボソ01 のなわばりを乗っ取ったのなら,ハシブトガラスはボソ01を追い出していなければならない。
    繁殖期のなわばりとは,他のカラスを徹底的に排除するものなのである。


    つぎは,以上の推理を裏付けると思われるシーン:
    2019-07-18

    中央にハシブトガラスの親。
    その子どもが,右の伐られた枝の先で,小枝に執心していじくっている。
    左方に二わいるのがボソ01の♂♀。
    この位置関係は,つぎの経緯でこうなった:
      ボソ01 が電柱を背後にするくらいのところに止まっていた。
      そこにハシブトガラスの親子がやってきた。
      ブト親は,ボソ01に対し「離れろよ」のポーズをする。
      ボソ01 は左方に少し移動。
      ブト親は,左方に少し移動して,「もっと離れろよ」のポーズ。
      ボソ01 は左方に少し移動。
      これを後3回くらい繰り返して,上の画像の配置に至る。