Up 「なわばり」の厳格性はどの程度? 作成: 2019-03-05
更新: 2019-03-06


    カラスの行動に,「なわばり」とはどんなものなのかを,疑問に思わせるものがある。

    つぎの行動をつねに現してくれれば,「なわばり」の意味は簡単である:
      <自分のなわばりに侵入してきたカラスは,つねに追い払う>
    しかし実際は,そうでもない:


    2019-03-05

    ハシブトガラスのカップルが,ハシボソガラス 01 (「ボソ01」) の定位置に居座っている (16:19):
    01 のカップルはこのとき,退いた(てい)で左方電柱の後方の木にとまっている。

    やがて,01 の♂が右の電柱へ (16:22):
    (ハシブトカラスは,2わが重なって見えている──1わではない)


    01 の♀が,♂のよこにやってくる (16:30):


    ハシブトガラスの1わが去り,少し間があって,続いてもう1わが去る (16:38)。

    01 の♂♀が,つぎの位置取りをする(16:44):
    (左の電柱にいるのが♀)


    やがていつもの定位置 (ハシブトガラスに居座られていた場所) に (16:59):


    さて,この間いったい何が起こっていたのか?



    2019-03-06

    ハシブトガラスのカップルがいる (06:34):


    ボソ01 が来て,昨日と同じ位置取りになる (06:34):


    ハシブトガラスの1わが去る (06:38):

    残ったハシブトガラスが,左側の電柱に移る (06:40):


    皆いなくなる (06:50):


    考えられることは:
    • この度のハシブトガラスは隣のなわばりの主のハシブトガラスa (「ブトa」) であり,よってボソ01 はこれと共存している。
    • この「共存」には,「ブトa がボソ01 の採餌の横取りを狙って,01 のなわばりに入ってくる」が含まれる。

    ということで,ブトa を見分けられるようになることを,作業課題に加えるとする。