Up 2極分化 : C/S通貨 vs P2P通貨 作成: 2020-11-08
更新: 2020-11-11


    ひとは,面倒を嫌って簡単の側につく。
    同じことをするのに2つの方法があるときは,どちらか1つを択る。

    電子決済は,「決済方法の一律化」を含蓄している。
    この一律化は,つぎの2つの決済方法に対する一律化である:
        銀行口座振替
        現金の受け渡し

    そしてこの一律化は,通貨をつぎのどちらか一方にするということである:
        クライアント・サーバ (C/S) 通貨
        P2P 通貨


    中銀通貨は,C/S通貨に進む。
    即ち,銀行口座の預金台帳上の数値が「貨幣 money」のすべてになる──の流れになる。

    P2P 通貨は,いま「仮想通貨」と呼ばれているものはこれである。


    「中銀デジタル通貨」(日本だと「デジタル円」) プロジェクト が伝えられているが,これはいまの現金 (紙幣・金属硬貨) をP2P 通貨に変えようというものである。
    これはひとが使うものにはならない。
    なぜか?

    C/S通貨を使う者は,貨幣は C/S通貨の形で間に合い,そしてこの形に文句はないからである。 ──C/S通貨と P2P通貨の二本立ては,面倒臭くなるだけだからである。
    そして,C/S通貨を使えない者,C/S通貨が使い勝手の悪い通貨となる者は,グローバルな P2P 通貨を択ることになるからである。──1国のお手盛りの P2P 通貨は,彼らの択るものでない。