Up 方法論 : 要旨 作成: 2020-11-05
更新: 2020-11-05


    通貨理論 (貨幣理論) のテクストは,読みにくい。
    原理論の下敷きが無くて,あれやこれやの論をやってしまうからである。

    原理論とは,本質的でないものをとことん消去したものである。
    数学が,これの最もよい手本になる。


    本質的かそうでないかは,世界の変化 (進化) に伴って変化する。
    特に,技術の進化に伴って変化する。
    技術的制約が存在理由になっているものは,技術の進歩によって無用になり,本質的でないものになる。
    こうして,通貨理論は,技術の進化に伴って進化する。


    IT の進歩は,電子決済をふつうのことにした。
    これにより,以前の通貨理論では本質的な要素のように見えていた紙幣・金属硬貨形態の現金や民間銀行が,本質的でない要素になっていく。

    中銀通貨に関しては,民間銀行は1つでよくしかもバーチャルでよいとなる。
    このとき,その銀行はもう「民間」ではあり得ない。
    この銀行口座は,実質「中銀国民口座」である。

    中銀国民口座は,国民のものである。
    日本に在住する外国人──特に,出稼ぎ労働者──は,中銀通貨でない通貨が必要になる。
    この通貨は,バーチャル通貨ということになる。
    海外送金がふつうとなる者には,銀行を介在させない海外送金を可能にするバーチャル通貨が,都合がよいのである。
    こうしてバーチャル通貨が,通貨理論の本質的要素になってくる。

    こうして通貨原理論は,中銀国民口座とバーチャル通貨を2極に立てる形の理論になる。