Up 「脳」: 要旨 作成: 2014-12-28
更新: 2018-05-03


    生命体一般から,<個>という在り方をする生物を差別化した。
    その生物は,「動物」である。
    動物は,<動く>──自己組織化のダイナミクスによる<カラダのシフト>とは別もの──をする生物であり,この<動く>が<個>を導くことになる。

    <動く>のダイナミクスは,「中枢の命令──トップダウン」である。
    これは,「自己組織化」がボトムアップのダイナミクスであることと,対する。


    「中枢」は,「脳」と呼ばれる。
    しかし,「中枢」は,カラダの或る部位を以てこれの意味とすることは,できない。
    中枢は末端まで連続しており,この構造を以てはじめて「中枢」になるからである。
    ──脳は,これを切り出せば,脳でなくなる。

    「脳は,これを切り出せば,脳でなくなる」の意味は,「技術的に,脳は移植できない」ではない。
    これの意味は,「脳は特個的──個性」である:
      カラダの部位で移植できるのは,つぎの2つの場合である:
       a. カラダの他の部位と接続と接続できる
        (例:腎臓移植)
       b. 移植すれば,ひとりでにカラダの他の部位と接続する
        (例:皮膚移植)
      脳の場合は,《接続する相手が存在しない》になる。

    以下が,「脳は特個的」のロジックである:
      動物は,自己の<生きる>を「行動」という形に現す生物である。
      行動は,自動 (「本能」) をベースにしている。
      行動に対する自動の身分は,「形式」である。
      そして,行動は,自動の表現である。 (自動の組み合わせではない)。

      行動 (自動の表現) は,発達する。
      「脳」は,この発達に係わり (「学習」),変容する。

      <個>の経験は,特個的である。
      よって,学習は特個的である。
      よって,脳は特個的である。