Up <個>とは何か 作成: 2014-12-31
更新: 2018-05-13


   
 1 導入

 はじめに


 2 <個>の措定

 2.0 要旨

 2.1 <わたし>は, <個>であることを要する
  2.1.0 要旨
  2.1.1 <生命体>ー<個体>ー<わたし>
  2.1.2 <個>の措定は, 「動物」から可能になる

 2.2 <個>の類──「種」
  2.2.0 要旨
  2.2.1 「動物」の捉え方
  2.2.2 <個>は,種の個
  2.2.3 「種」は,程度概念


 3 行動・意識

 3.0 要旨

 3.1 「本能」
  3.1.0 要旨
  3.1.1 「本能」の存在論:自動形式
  3.1.2 <行動>は,本能の表現

 3.2 「個性」
  3.2.0 要旨

 3.3 「脳」
  3.3.0 要旨

 3.4 「意識」
  3.4.0 要旨
  3.4.1 「意識」の定義
  3.4.2 グラデーション
  3.4.3 「心」は, 「意識」と同じだとする


 4 知能

 4.0 要旨

 4.1 知能の要素
  4.1.0 要旨
  4.1.1 <損失>判断
  4.1.2 <動きやすさ>判断
  4.1.3 <勢力範囲>判断
  4.1.4 <自己展開>判断

 4.2 計算
  4.2.0 要旨
  4.2.1 計算と判断


 5 <ライフ>

 5.0 要旨

 5.1 <個体/主体>のタイムスパン
  5.1.0 要旨
  5.1.1 <個体/主体>の出現
  5.1.2 <個体/主体>の安定・不安定

 5.2 成長と死
  5.2.0 要旨
  5.2.1 <個体/主体>の成長
  5.2.2 <個体/主体>の終わり


 6 <世界>

 6.0 要旨

 6.1 見える世界
  6.1.0 要旨
  6.1.1 可視光


 7 人工生命

 7.0 要旨

  「人工生命」


 8 閉じ

 おわりに




























































s