Up 「地球の平均気温」って何よ? 作成: 2021-08-17
更新: 2021-08-18


    「地球温暖化」「気候変動」をタイトルとするテクストには,「地球の平均気温」ということばが出てくる:
      工業化前の時代より地球の平均気温が○度上昇した
      二酸化炭素排出量がいまのままだと,○年後には地球の平均気温が○度上昇する

    ひとはこの文言に対して「へえー,そうなんだ」と思う。
    賢くなった気になって,このことばの受け売りを始める。

    ひとが「地球の平均気温」をかんたんにわかったつもりになるのは,小学校で「平均気温」を勉強したからである。
    その「平均気温」は,場所を固定し定時的に測定した気温の平均である。
    この「平均気温」を知っていることが,「地球の平均気温」をわかったつもりにさせる。
    ひとは,自分の知っていることと言葉が同じものには,わかったつもりになるのである。


    「地球の平均気温」は,「これって何よ?」の問いが先ず起こらねばならない言葉である。
    しかしひとは,この問いがあることに,思い及ばない。

    ここは,ちゃんと考えるところである。
    小学生のままでいたら,騙される。


    (1) 「地球の平均気温
    「地球の平均気温」は,時刻tを固定したときの「tにおける地球の平均気温」ということになる。
    「tにおける地球の気温」は,つぎの関数である:
      ft : 地球表面の各点P├─→ tにおけるPでの気温
    この関数のグラフは,地表の各点Pに棒を立て,tにおけるPでの気温を棒の高さで表した絵である。
    気温は連続なので,この絵は地球を覆う波状の面になる。


    さて,この「tにおける地球の気温」の「平均」とは何か?
    何で平均するのか?
    地球の表面と ft 面にはさまれた空間の体積を地表の面積で割る?

    体積と面積の計算からしてどだいできるものではないが,仮にできたとしてもこの「平均」にどんな意味があるのか?
    「時刻tに存在している哺乳動物すべての身長の平均」くらいに,意味がない。

    一般に,対象空間が大きくなると,平均は意味がなくなるのである。
    「東京のt時の平均気温」は使うことがあるかも知れぬが,「日本のt時の平均気温」は使い途がない。


    (2) 「地球の平均気温偏差
    そこで,「地球温暖化」「気候変動」論者であって「地球の平均気温」の概念の危うさを意識する者は,「地球の平均気温」ではなく「地球の平均気温偏差」を使おうとする。
    これはどんなものか?

    「地球の平均気温偏差」は,「地球の気温の時間変化」に対し「平均」を求めようとするものである。
    「地球の気温の時間変化」は,つぎの関数である:
      f: 時刻t ├─→ ft
    この関数のグラフは,時刻tの変化に応じて ft の面が波打つ動画になる。
    (しっかりイメージせよ)

    「地球の平均気温偏差」は,「時刻tからt′ の間に変化している地球の気温の平均」である。
    「時刻tからt′ の間に変化している地球の気温」は,ft 面と ft′ 面 にはさまれた空間の体積に表現される。

    「平均」はどうするか?
    これを地表の面積で割ったら,先に論じた「地球の気温」の「平均」の無意味と同じことになる。
    「地球の平均気温偏差」論者は,この場合,各点Pに重み wP をつけて,理論をもっともらしくしようとする。
    これは,研究者が常套とする<騙し>である。
    研究者は,自分の論が正しくなるように wP をいじることになるからである。

    但し,関数 ft はもとより実現不可能であるから,「地球の平均気温偏差」論者は地表面に緯線・経線に沿って細分したメッシュをかけ,「点P」を「区画S」に変える。
    「区画Sの気温」は,ここでもまた何らかの「平均」処理で算出する。


    (3) モデル
    これで何とか「地球の平均気温偏差」を計算できると思ったら,あなたは依然騙されている。
    気温は1日の間に大きく変化し,1年の間に大きく変化する。
    この変化をどう処理するのか?
    そして,「地表面を緯線・経線に沿って細分した観測網」など,実現できることではない。

    「地球の平均気温偏差」は,まじめに考えたら求められない。
    では,報告されている値は,どうやって出したのか。
    モデルをつくって,それで出している。
    そのモデルは,入力に対しともかく何かを出力するモデルである。
    実際,彼らはひとりよがりのデータを入力していることになる。


    (4) 時間スケール
    そしてそもそも論を言えば,はじめから根本的な間違いをやっているのである。
    ひとは自分の生活している時間スケールを地球の時間スケールだと思っていて,自分の寒い暑いを地球の寒暖にする。
    しかし,地球の時間スケールというものは,万年以上が通常の最小単位なのである。


    (5) ゲーム
    「地球の平均気温偏差」として報告されているものは,そんなものである。
    実際,気温とはとてつもない複雑系である。。
    ちゃちなデータとモデルで捉えたつもりになっちゃあいけない。

    しかし,ここが肝心な点であるが,正しい正しくないはこの場合もともと問題ではないのである。
    「地球温暖化」「気候変動」騒ぎは,ゲームである。
    ひとの営みは,様々なゲームをすることで成っている。
    社会は,ひとの営みを創出するゲームを必要とし,これを求める。
    ゲームは,大規模で長く続くものが望ましい。
    そして「地球温暖化」「気候変動」は,このようなゲームとして足るのである。
    ──このゲームの経済効果のものすごさを見よ!