Up 嗅覚実験 作成: 2022-03-04
更新: 2022-03-04


    キタキツネの冬の巡回ルートの中に,うちの庭がどうやら組み込まれているようである。
    何か当てがあるのか?
    考えられるものは,ハシボソガラス01 の貯食である。
    そんなのは残っていても僅かな量なのだが,キタキツネにとって冬を乗り越えるとは,こんな餌さがしをこまめにするということなのだろう。

    というわけで,そんな食べ物が本当に探し出せるものなのか,実験してみる。
    冷凍餃子1個の 1/3 くらいをちぎったのを,雪下5cm くらいに埋める。

    結果:キタキツネは,これを容易にゲット。
    容易であることは,足跡から判断される。
    即ち,あちこち嗅ぎ回るというのではなく,直接餌に向かっている。



    課題が,キタキツネにとっては簡単過ぎたようだ。