Up 本テクストの構成 作成: 2017-12-19
更新: 2017-12-19


    テンソルの学習者が難儀するのは,テンソルの意味がわからないことである。
    不思議なことだが,巷のテンソルの学習は,テンソルの意味がわからず進行しているのである。

      もっとも,これは数学の学習一般に言えることである。
      数をずっと勉強させられ,そして実際に使ってきていながら,「数って何だ」と問われると,答えられない。
      高校で微積分を学習した者に「微積分って何だ」と問うと,答えられない。
      意味を不問にする学習に,馴らされているわけである。

    本テクストは,テンソルの意味から入る。
    そのために,だれもがやったことのある「速さ×時間=距離」から始める。
    ──「速さ×時間=距離」をテンソルとして説明する。

    これはテンソル一般への導入の位置づけになるが,「テンソル」の内容を尽くすことになる。
    テンソル一般のところで意味がわからなくなったときは,導入の「速さ×時間=距離」に戻るべし。
    勉強の要諦は,「卑近から一般へ」である。