Up 「ポテンシャル」 作成: 2018-02-05
更新: 2018-02-05


    地図情報の一つに,「標高」がある。
    標高を単位固定でスカラーで表すとき,これはスカラー値関数 \(f\) を下図式のように立てることであり,このとき \(M\) は, 「\(f\) 場」として, 「スカラー場」である:

    翻って,「標高」と「スカラー値関数」は,構造的に区別のつかないものになる。
    そこで,「スカラー値関数」を「標高」と読むとしよう,となる。
    しかし,「標高」だと,一般的表現の感じがしない。
    こうして,「ポテンシャル」のことばとなる。