Up 標準時仕様 作成: 2020-10-07
更新: 2020-10-08


    日時計作成コンピュータプログラムからは,つぎの表が出力される:
影の移動 (公転角度90度, 緯度50度の場合)
 時  南中との
経度差
南中時の影との
角度
6 -59 -65
7 -44 -52
8 -29 -36
9 -14 -18
10 1 1
11 16 21
12 31 38
13 46 54
14 61 67
15 76 79

    ここで時刻は,当地の時刻である。
    標準時を用いるときは,標準時とのズレt──標準時子午線の東に当地が位置するときは正値,西に位置するときは負値(註)──を引いて標準時に改める:
 時  南中との
経度差
南中時の影との
角度
6−t -59 -65
7−t -44 -52
8−t -29 -36
9−t -14 -18
10−t 1 1
11−t 16 21
12−t 31 38
13−t 46 54
14−t 61 67
15−t 76 79

     註: 当地時をT,このときの標準時を T0 とする。
    当地と同緯度の標準時地はt後に,太陽に関する当地のいまの位相になる。
    よって,
        T0 +t = T
      ⇒ T0 = T −t