Up 「春眠不覚暁」 作成: 2020-10-11
更新: 2021-11-08


春 眠 不 覚 暁
処 処 聞 啼 鳥
夜 来 風 雨 声
花 落 知 多 少
孟浩然

    詠っている時季は,2月から3月のはじめくらいである。
    緯度の高い地方は2月は寒さの真っ盛りだが,季節の月区分は,冬10〜1, 春2〜4,夏5〜7,秋8〜10 となる。 ──「春分」「秋分」は,文字通り,春,秋をそれぞれ2等分する時点である。

    日中の時間が長くなるのは冬至から夏至にかけてであるが,冬至から春分までは夜間の長い日が続く。
    つぎのグラフは,左が昼夜の時間の年間変化を,右が日入・日出の時刻の年間変化を,それぞれ表したものである:
北緯50° の場合

    電気照明の無い昔は,ひとは暗くなったら寝る。
    夜間が長い時期は,どうしても早く目が覚める。
    こうして,「春眠不覚暁」の感慨になるというわけである。


    「春眠不覚暁」の感慨は,「まだ暗いなあ」である。
    まだ暗いから,布団の中なのである。
    そして,まだ暗い中で鳴き始めている鳥の声を聞いたり,そういえば夜間に風雨があったけど花がだいぶ落ちたんじゃないかなあと思ったりしているわけである。

    「季節」が捉えられないと,この詩はとんでもない解釈を捻り出してしまうことになる。
    それが「春眠は気持ちが良いから朝寝坊をしてしまう」である。
    そして,誤った通念である「鳥は夜が明けてから鳴き出す」が,この解釈を後押しするというわけである。

    「春眠不覚暁」は,命題として述べられている。
    「朝寝坊」の解釈だと,春はいつも朝寝坊していなければならなくなる。

    しかし困ったことに,世の中に流布している解釈は,この誤った解釈の方なのである。
    古典の解釈を教条的に教える学校教育に馴らされた者は,「春眠は気持ちが良い」に共感できないのは知性・感性に劣ることだと思い,「春眠って格別のものかよ?」の疑問を自ら封じるのである。