Up 「もののあはれ」を数学教育に適用すると : 要旨 作成: 2018-06-26
更新: 2018-07-02


    「もののあはれ」の適用が具体的にどうなるかを示すために,数学教育をとりあげる。

    先ず,学校数学への適用。
    「適用」は,演繹である。
    そして,つぎが結論になる:
      「数学的」から「数学」へ (「数学で」から「数学を」へ)
    一方,この結論にソルーションの意味はない。
    学校数学の系ダイナミクスのソルーションは,「数学的」の方である。

    そこで,「もののあはれ」の適用は,「学校数学」への拘りを捨てるところから始まる。
    「数学そのものへ」である。