Up サンスクリット原本和訳 作成: 2018-04-15
更新: 2018-04-15


    中村元・紀野一義[訳註]『般若心経・金剛般若経』, 岩波書店, 1960. pp.189-196
    に載っている原文と訳文を,対訳表の形に編集:
namas sarvajnaya. (全知者である覚った人に礼したてまつる)
evam maya srutam. このようにわたしは聞いた。
ekasmin samaye bhagavan Rajagrhe viharati sma Grdhrakute parvate mahata bhiksusarpghena sardharp mahata ca bodhisattvasarpghena. あるとき世尊は、多くの修行僧、多くの求道者とともにラージャグリハ(王舎城)のグリドゥフラクー山(霊鷲山)に在した。
tena khalu samayena bhagavan GambhIravasarpbodharp nama samadhim samapannah. そのときに世尊は、深遠なさとりと名づけられる瞑想に入られた。
tena ca samayenaryavalokitesvaro bodhisattvo mahasattvo garpbhIrayarp prajiiaparamitayarpcaryarp caramaJ}. a evarp vyavalokayati sma. そのとき、すぐれた人、求道者・聖アヴァローキテーシュヴァラは、深遠な智慧の完成を実践しつつあったときに、見きわめた、──存在するものには五つの構成要素がある──と。
pamca skarpdhas tarps ca svabhavasunyan vyavalokayati. しかも、かれは、これらの構成要素が、その本性からいうと、実体のないものであると見抜いたのであった。
athayusman Chariputro buddhanubhavenaryavalokitesvaram bodhisattvam etad avocat. そのとき、シャーリプトラ長老は、仏の力を承けて、求道者・聖アヴァローキテーシュヴァラにこのように言った。
yah kascit kulaputro garpbhlrayarp prajiiaparamitayam caryarp cartukamah katham siksitavyah. 「もしも誰か或る立派な若者が深遠な智慧の完成を実践したいと願ったときには、どのように学んだらよいであろうか」と。
evam ukta aryavalokitesvaro bodhisattvo mahasattva ayusmarptarp Sariputram etad avocat. こう言われたときに、求道者・聖アヴァローキテーシュヴァラは長老シャーリプトラに次のように言った。
yah kascic Chariputra kulaputro vakuladuhita va garpbhlrayam prajiia-paramitayam caryam cartukamas tenaivarp vyavalokayitavyam. 「シャーリプトラよ、もしも立派な若者や立派な娘が、深遠な智慧の完成を実践したいと願ったときには、次のように見きわめるべきである──《存在するものには五つの構成要素がある。》と。
pamca skarpdhas tarps ca svabhavasunyan samanupasyati sma. そこでかれは、これらの構成要素が、その本性からいうと、実体のないものであると見抜いたのであった。
rupam sunyata
sunyataiva rupam.
物質的現象には実体がないのであり、
実体がないからこそ、物質的現象で(あり得るので)ある。
rupan na prthak sunyata
sunyataya na prthag ruparp.
実体がないといっても、それは物質的現象を離れてはいない。
また、物質的現象は、実体がないことを離れて物質的現象であるのではない。
yad ruparp sa sunyata
ya sunyata tad ruparp.
このようにして)、およそ物質的現象というものは、すべて実体がないことである。
およそ実体がないということは、すべて物質的現象なのである。
evam vedanasamjna-smskara-vijnanani ca sunyata. これと同じように、感覚も、表象も、意志も、知識も、すべて実体がないのである。
evam Sariputra sarvadharma sunyatalaksana
anutpanna
aniruddha
amalavimala
anuna
asampurnah.
シャーリプトラよ、この世においては、すべての存在するものには実体がないという特性がある。
生じたということもなく、
滅したということもなく、
汚れたものでもなく、
汚れを離れたものでもなく、
減るということもなく、
増すということもない。
tasmat tarhi Sariputra sunyatayarp
na ruparp
na vedana
na sarpjiia
na sarpskara
na vijiianam.
それゆえに、シャーリプトラよ、実体がないという立場においては、
物質的現象もなく、
感覚もなく、
表象もなく、
意志もなく、
知識もない。
na caksur
na srotrarp
na ghranam
na jihva
na kayo
na mano
na rupam
na sabdo
na gamdho
na raso
na sprastavyam
na dharmalh.
眼もなく、
耳もなく、
鼻もなく、
舌もなく、
身体もなく、
心もなく、
かたちもなく、
声もなく、
香りもなく、
味もなく、
触れられる対象もなく、
心の対象もない。
na caksurdhatur yavan
na manodhatur
na dharmadhatur
na manovijiianadhatuh.
眼の領域もなく、乃至、
意識の領域もなく、
心の対象の領域もなく、
意識の識別の領域もない。
na vidya
navidya
na ksayo yavan
na jaramaranam
na jaramaraksaksayah.
さとりもなければ、
迷いもなく、
さとりがなくなることもなければ、迷いがなくなることもない。
かくて、老いも死もなく、
老いと死がなくなることもないというにいたるのである。
na duhkhasamudaya-nirodhamarga
na jiianam
na praptir
napraptilh.
苦しみも、苦しみの原因も、苦しみをなくすことも、苦しみをなくす道もない。
知ることもなく、
得るところもない。
得ないということもない。
tasmac Chariputra apraptitvena bodhisattvanarp prajiiaparamitam asritya viharaty acittavaranah それ故に、シャーリプトラよ、得るということがないから、求道者の智慧の完成に安んじて、人は、心を覆われることなく住している。
cittavarananastitvad atrasto viparyasatikramto nisthanirvanah. 心を覆うものがないから、恐れがなく、顛倒した心を遠く離れて、永遠の平安に入っているのである。
tryadhvavyavasthita sarvabuddhah prajiiaparamitam asrityanuttararp samyak-sarpbodhim abhisarpbuddhah. 過去、現在、未来の三世にいます目ざめた人々は、すべて、智慧の完成に安んじて、この上ない正しい目ざめを覚り得られた。
tasmaj jiiatavyah prajiiaparamitamahamarptro mahavidyamarptro 'nuttaramarptro 'samasamamarptrah sarvaduhkhaprasamana-marptrah satyam amithyatvat prajiiaparamitayam ukto marptrah, tadyatha, それゆえに人は知るべきである。
智慧の完成の大いなる真言、大いなるさとりの真言、無上の真言、無比の真言は、すべての苦しみを鎮める真言であり、偽りがないから真実であると。
その真言は、智慧の完成において次のように説かれた。
gate gate paragate parasarpg ate bodhi svaha, 往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、彼岸に全く往ける者よ、さとりよ、幸あれ。
evam Sariputra gambhlrayam prajiiaparamitayam caryayam siksitavyam bodhisattvena. シャーリプトラよ、深遠な智慧の完成を実践するときには、求道者はこのように学ぶベきである」──と。
atha khalu bhagavan tasmat samadher vyutthayaryavalokitesvarasya bodhisattvasya sadhukaram adat. そのとき、世尊は、かの瞑想より起きて、求道者・聖アヴァローキテーシュヴァラに賛意を表された。
sadhu sadhu kulaputra evam etat kulaputra. 「その通りだ、その通りだ、立派な若者よ、まさにその通りだ、立派な若者よ。
evam etad garpbhlrayarp prajiiaparamitayam caryam cartavyam, yatha tvaya nirdistam anumodyate tathagatair arhadbhih. 深い智慧の完成を実践するときには、そのように行われなければならないのだ。
あなたによって説かれたその通りに目ざめた人々・尊敬さるべき人々は喜び受け入れるであろう。」と。
idam avocad bhagavan. 世尊はよろこびに満ちた心でこのように言われた。
anarpdamana ayuusman Chariputra aryavalokitesvaras ca bodhisattvah sa ca sarvavatI parsat sadevamanusasuragamdharvas ca loko bhagavato bhasitam abhyanarpdann iti 長老シャーリプトラ、求道者・聖アヴァローキテーシュヴァラ、一切の会衆、および神々や人間やアスラやガンダルヴァたちを含む世界のものたちは、世尊の言葉に歓喜したのであった。
prajiiaparamitahrdayasutram samaptam. ここに、智慧の完成の心という経典を終る。