Up 「規範の自発的解体構造」学 : 要旨 作成: 2018-08-16
更新: 2018-08-16


    文明は,得と失が表裏になる。
    得が大きければ,失も大きくなる。
    得のみを残せないことは,紙の表と裏の一方のみを残せないのと同じである。

    ひとは,規範 (道徳・行儀)」を定めることを以て,失を無くそうとする。
    この結果は,失を減らしただけ得が減るか,規範が己の無理構造によって自己解体するか,である。


    新しい規範 (道徳・行儀) の導入を,「改革」という。
    「改革」の結果は,上のようになる。
    「改革」は,早晩厭きられる。
    ひとは「改革」を捨て,元に戻る。

    しかし,ひとは,世代忘却する。
    現前に失を見て,「改革」を企てる。
    こうして,ひとは,「改革」を企てると捨てるを繰り返す。

    この行ったり来たりの繰り返しは,無駄というものではない。
    生き物の<生きる>は<絶えず変わる>であり,動物であれば<絶えず動く>である。
    ひとは,絶えず動いていなければならない。
    このとき,自動的な<絶えず動く>があれば,ありがたい。
    ひとが「改革」を企てると捨てるを繰り返すのは,これが自動的な<絶えず動く>になってくれるからである。