Up 革命と自由」の出自構造 : 要旨 作成: 2018-09-16
更新: 2018-09-16


    共同体幻想は,集団を壊さないために個の自由を抑圧する形のものになる。
    共同体幻想は,個を疎外するものとして立つのである。

    個人は,共同体幻想に疎外される。
    疎外されてひとは,「自由」の幻想──メルヘン──を内に育む。

    メルヘンは多種多様であり,個の多様性 (個性) を表す。
    それらのうちに,《現体制は,自由を抑圧する悪》がある。
    さらにこのうちに,《悪に立ち向かわないのは,不正義》がある。


    悪に立ち向かう実践は,悪を倒す実践になる。
    悪はこの場合体制であるから,実践は「体制打倒」になる。
    すなわち,「革命」になる。

    《悪に立ち向かわないのは,不正義》のアジテーションに降る者がいる。
    その者は,不正義ではいられない者──正義漢──である。
    こうして,革命は「正義の行動」になる。


    しかし,自由の抑圧は集団を壊さないためである。
    よって革命は,これを実行すれば破壊で終始することになる。

    正義であるためには,個と集団の矛盾構造に無知であることが必要である。
    かくして,正義の行動は破壊行動になる。