Up 「宇宙晴れ上りが今見える」 作成: 2017-12-05
更新: 2019-08-05


    「宇宙マイクロ波背景放射 cosmic microwave background (CMB)」と呼んでいる現象がある。
    「ビッグバン」パラダイムに入信すると,これは「宇宙晴れ上りが今見える」の意味になる:

      地球からa光年離れた点からの光は,a年前にその点で発した光である。
      ──いま見ているその光は,a年前のものである。
      「ビッグバン」の教えに依れば,宇宙は 138億年前に生じ,その 38万年後に宇宙が晴れ上がった。 そしていま,地球から「宇宙の果て」までが 465億光年。
      特に,<地球から138億光年離れたところ>が存在する。
      そしてそこで発した光がいま地球に届いているとすれば,その光 (マイクロ波に変化している(註)) は宇宙が晴れ上がったときの光ということになる。



     註: 発光体は宇宙膨張で遠ざかる物体なので,そこから届く光は「ドップラー効果」で波長が長くなる。 そして「宇宙マイクロ波背景放射」の場合,この効果が,赤色偏倚を通り越してマイクロ波にまでなるというわけである。