Up 時間軸 作成: 2019-06-15
更新: 2019-06-15


    波動は,各位置の位相の時間的変化である。
    これの表現は,時間軸の導入となる。

    時間軸は,波形を表現する座標系に直交する座標軸である。
    ひとのリアルな空間認識は3次元までであるから,この波動表現は波形表現を2次元までに収められる場合にリアルとなる。

    例えば,縄の端を上下させてできる波は,波形表現を2次元までに収められるから,波動を3次元の絵図に表現できる。
    水面の波は,波形表現が3次元であるから,波動表現は4次元,一つの絵図への表現は無理となる。このときは,パラパラ動画にするか,数式的な表現だけでよしとするか,になる。

    上の2例は横波であり,横波だと波形の絵図は2次元以上になる。
    絵図を1次元に収められるものは,縦波の場合になる。
    例えば,バネがつくる粗密波は,波形の粗密の表現に線の色の濃淡を使うことで,波動を2次元の絵図に表現できる。