Up 2020-01-20 ──考察 : <鏡をつつく>の意味 作成: 2020-01-20
更新: 2020-01-20


    ボソ01 ♀の
      鏡をつつく
      鳴く
      鏡を周回
    の行動の意味が,うっすらわかってきた気がする。


    ボソ01♂♀は鏡像をリアルなカラスとは思っていない:
    • ♂は,鏡像を薄気味悪いものにして,餌を取るために鏡の前に来なければならないとき以外は,鏡に近寄らない。
      ♂は自分のなわばりの中に他のカラスがいることを許さないから,鏡像をリアルなカラスと思っているならば,放ってはおかないはずである。
    • ♀は鏡をつつくが,これも鏡像をリアルなカラスとは思っていないことを示す。
      カラスは,嘴でつつき合うということはしないからである。

    では,ボソ01 にとって鏡像はどんな存在ということになるか。
    ここでは,<オバケ>としてきた。

    背の高いガラスコップの底に餌を置いたのを,ボソ01に示す。
    このときは,♂が餌をとろうとして,コップを嘴にくわえて引き摺ったり,コップをつついたりする。 (コップを逆さにして餌を出すということを,知らない。)
    このコップをつつく様が,♀が鏡をつつく様と重なってくる。

    おそらく♀は,鏡面を<自分とオバケを隔てるもの>としてつついているのである。
    ♀が鏡の前で鳴くのは,オバケを威嚇しているのではなく,オバケに声をかけているのである。
    ♀の鏡像に対する執着は,愛着の面が強いのかも知れない。


    ちなみに,♀はこれまでに,鏡の止めネジを覆う金具8個をすべて外している。
    この金具は内側にネジを切ってあるので,回して外したことになる。
    これを外したことにはおそらく思いがあって,それは「これを外せば,自分とオバケの隔てが無くなるかも」である。


    さて,鏡面を<自分とオバケを隔てるもの>としてつついているとすれば,ボソ01 がはじめから鏡像を自分の<オバケ>にしている可能性だって出てくる。

    「鏡像に対する認識の形」を思う動物行動学者は,これをつぎの2つに限る:
    1. 「自分が映っている」
    2. 「生き物がそこにいる」
    しかしこの二つの間には,
    1. 「自分の<オバケ>がそこにいる」
    があり得る。

    「自分の<オバケ>がそこにいる」は,<オバケ>を無くしていく過程があって,「自分が映っている」になる。
    ひとが鏡像に対し<オバケ>を持たずに済んでいるのは,自分を育てている文化が「自分が映っている」を最初から教えてくれる文化だからである。

    ボソ01 には,<オバケ>を無いものにする契機は,おそらく無い。
    ──即ち,ボソ01に<オバケ>を無いものとするよう仕向ける学習法は,わたしには思いつかない。