Up ペタペタとピョンピョン 作成: 2019-05-18
更新: 2019-05-18


    ハシボソガラスは,地面をペタペタ歩いて餌をとる。
    ハシボソガラスが地面を移動するときは,ピョンピョン跳ねる。
    これはハシボソとハシブトを見分ける方法の一つになる。

    <ピョンピョン跳ねる>の意味は,<急いで移動する>である。
    ハシブトにとって,地表での滞在は落ち着かないものなのだろう。
    用事 (採餌) をさっさと済ませて,高いところに戻りたい。

    実際,ハシボソガラスも急ぐときはピョンピョン跳ねる。
    例えば,餌を分割して貯食する場合,すこし遠く (20mほど離れたところ) に貯食したときのそことの往復では,<ピョンピョン跳ねる>が用いられることがある。
    餌がこの間放ったらかしになっているのが心配なわけである。

    もっと急ぐときは,ピョンピョンに翅のバタバタが加わる。