Up 良寛 作成: 2009-01-23
更新: 2010-03-10


災難に逢ふ時節には災難に逢ふがよく候。
死ぬる時節には死ぬがよく候。
是はこれ災難をのがるる妙法にて候。


    このテクストの読み方:
      「災難」「死」には,理由がある。 道理があって,現前するのである。
      これに抗うことは,道理に抗うことである。 そして,道理に抗うというのは,論理矛楯である。実際,道理に抗うのは,酷い目に遭うだけである。

    応用:
    • 「危機感」「生き残り」でバタバタやるのは,全体として,いっそう酷い方向に向かうだけである。
    • 癌(ガン) には,定めし道理がある。癌は,専ら忌避し抗うというものではない。癌に対しては,これの道理を研究しなければならない。
    • 死を忌み嫌えば,よい死を得られなくなる。

    経済学