Up 「一生」論──系のライフサイクル 作成: 2017-06-23
更新: 2017-07-11

作業中

作成/更新履歴
  •  商品経済の必然──「多様性実現社会」の形 (17-07-11)
  •  員の布置の多様度が, 「エントロピー」 (17-07-11)
  •  系は,多様性が増大する状態へ推移する (17-07-11)
  • 「混ざる」 (更新 17-07-07)
  • 「統計的に確率の高い状態が実現される」 (更新 17-07-07)
  • エントロピー関数 ー(p log p+(1ーp )log(1ーp)) (更新 17-07-06)
  • 「新陳代謝」 (17-07-03)
  • 系更新──「エネルギー・エントロピー」の文脈 (17-07-03)
  • 「エントロピー」は孤立系の概念 (17-07-03)
  • 「加熱」 (17-07-02)
  • 「熱の移動」 (17-07-01)
  • 「エントロピー」─ <必然>の力学 : 要旨 (17-07-01)
  • 種 : 要旨 (17-07-01)
  • <種/必然>対<個/偶然> (17-07-01)
  • 「混ざる」 (17-06-29)
  • エントロピー関数 ー(p log p+(1ーp )log(1ーp)) (17-06-29)
  • 「系の変化」の論理矛楯/プラグマティズム (17-06-29)
  • 系の相互作用 (17-06-29)
  • 系の平衡 (17-06-29)
  • 系の不均質 (17-06-29)
  • 系画定の任意性 (17-06-29)
  • 「時間」 (17-06-28)
  • 種の員としての成長 (17-06-26)
  • 「エネルギーE」「自由エネルギーF」の無意味 (17-06-26)
  • エントロピー増大 = 不可逆」は間違い (17-06-26)
  • 「エントロピー」概念適用の留意点 : 要旨 (17-06-26)
  • 「エネルギー → エントロピー」 (17-06-26)
  • 「温度」 (17-06-23)

  •   
     0 導入

     0.1 はじめに


     1 系

     1.0 要旨

     1.1 系の開放性
      1.1.0 系画定の任意性
      1.1.1 「孤立系・開放系」

     1.2 系の平衡
      1.2.0 系の不均質
      1.2.1 系の平衡

     1.3 系の更新
      1.3.0 要旨
      1.3.1 系の相互作用
      1.3.2 「系の変化」の言い回しの論理矛楯/プラグマティズム

     1.4 系の一生
      1.4.0 <種=必然>対<個=偶然>


     2 孤立系──「エントロピー増大則」

     2.0 要旨

     2.1 「エントロピー」──<必然>の力学
      2.1.0 要旨
      2.1.1 「平衡」とエントロピー
      2.1.2 「統計的に確率の高い状態が実現される」

     2.2 「エントロピー」の理論
      2.2.0 「エネルギー → エントロピー」
      2.2.1 「温度」
      2.2.2 「時間」
      2.2.3 エントロピー関数 ー(p log p+(1ーp )log(1ーp))
         統計力学

     2.3 「エントロピー」概念の適用事例
      2.3.0 「混ざる」
      2.3.1 「熱の移動」

     2.4 「多様性」とエントロピー
      2.4.0 要旨
      2.4.1 系は,多様性が増大する状態へ推移する
      2.4.2 員の布置の多様度が, 「エントロピー」
      2.4.3 商品経済の必然──「多様性実現社会」の形

     2.5 系更新とエントロピーの関係
      2.5.0 要旨
      2.5.1 系更新における「エネルギー」「エントロピー」の文脈
      2.5.2 「加熱」

     2.6 「エントロピー」概念適用の注意点
      2.6.0 要旨
      2.6.1 「エントロピー」は孤立系の概念
      2.6.2エントロピー増大 = 不可逆」は間違い
      2.6.3 「エネルギーE」「自由エネルギーF」の無意味


     3 自己組織的定常系

     3.0 要旨

     3.1 「平衡」の力学
      3.1.0 要旨
      3.1.1 動的平衡

     3.2 「自己言及的 self_referential」
      3.2.0 要旨

     3.3 波動
      3.3.0 要旨
      3.3.1 振り子運動

     3.4 「新陳代謝」
      3.4.0 要旨

     3.5 「成長」
      3.5.0 要旨


     4 生物

     4.0 要旨

     4.1 種
      4.1.0 「種」概念 ──生物を無生物と区別するもの
      4.1.1 種の員としての成長

     4.2 世代交代
      4.2.0 要旨
      4.2.1 種の維持


     5 系の淘汰

     5.0 要旨


     6 系の<死>

     6.0 要旨

     6.1 人の<死>


     7 閉じ

      おわりに