Up なぜ わたしは わたしなのか 作成: 2014-12-27
更新: 2021-09-27


わたしは,物としては,細胞のコロニーである。
あるいは,これにさらに常在生物を加えたコロニーである。
あるいは,これにさらに有象無象の物を付着させたものである。
そして,このような存在態は,<意識=自他意識>を有する存在に進化することがある。

ここまでは, 「何の不思議もない」で構わない。
不思議は,時空にこのようなものが無数に存在してきた/している中で,その1つに<わたし>が偶然貼り付いているという(てい)でわたしがここに存在している,という現実である。
この「偶然」が何とも解せないのである。

この不可解を表現しようとしてひとが不器用につくることば,それが「なぜわたしはわたしなのか」である。
わたしはここで,この不可解をほじくり返そうとする。

(作成中 ── まったく当ての無い行論)

  掲載履歴
   
工 程
なぜ わたしは わたしなのか
    ↑
 <わたし>の解体
    ↑
 <心>の解体
    ↑
 <個>の解体
    ↑
 <体>の解体
    ↑
 <生物>の解体
    ↑
 <物>の解体
<進化・時間>の理解

自然観察──自然観の鍛錬

論考の下作業・練習