Up 鏡にどう対するか? 作成: 2019-12-13
更新: 2020-03-29




更新履歴 (は,画像あり)
  • 2019-12-13──実験開始
  • 2019-12-15
  • 2019-12-15a
  • 2019-12-16
  • 2019-12-17
  • 2019-12-17a
  • 2019-12-18
  • 2019-12-19
  • 2019-12-19a
     ──考察 : <自分>の契機
  • 2019-12-21
  • 2019-12-23
     ──考察 : <♂は鏡を調べない>の含蓄
  • 2019-12-25
  • 2019-12-26
     ──考察 : 個性?性差?
  • 2020-01-10
     ──考察 : 鏡像アニミズム
  • 2020-01-10a
     ──考察 : 変容
  • 2020-01-20
     ──鏡の止めネジの蓋を外す
  • 2020-01-20
     ──考察 : <鏡をつつく>の意味
  • 2020-01-21 ──鏡を追加
  • 2020-01-22
  • 2020-01-24
  • 2020-01-27
  • 2020-02-05 ──割れた鏡で 😢
  • 2020-02-29
  • 2020-03-12
     ──鏡像を自分だと承知している?
  • 2020-03-20
     ──鏡の配置に変化をつける
  • 2020-03-22 ──合わせ鏡
  • 2020-03-27 ──続・合わせ鏡
  • 2020-03-29 ──続続・合わせ鏡
  •  
    • 「ハシボソガラスは鏡にどう対するか──どう対するようになるか」の観察実験を,ボソ01 に対して行う。

    • 方法
      • ボソ01 に対し鏡を鏡として現す。
        そのために,<鏡を持ってくる・設置する・取り外す・撤収する>の様を,その都度ボソ01 に見せる。
      • 鏡は,サイズが 91cm × 35cm。
      • これを,ボソ01 が慣れているオープンスペースに,置く。
      • 鏡と対面させるために,餌を用いる。

    • 「鏡」は,そもそもどんな主題か?
      「自己認識」?
      それ以前に,存在論──「存在するが存在しない」というパラドクス──である。
      というわけで本実験観察は,《ハシボソガラスは鏡とどう折り合いをつけていくことになるか?》を調べようとするもの,ということになる。

    • カラスが鏡を見てびっくりする様からカラスの知能を判じるのは,「未開人」が鏡を見てびっくりする様から「未開人」の知能を判じるのと同じである。
      鏡が無い文化の者には,鏡は学習課題である。
      知能は,《最初のびっくりから後,学習でどう変わっていくか》で判じられる。

    • かくしてこの実験の肝心は,できるだけすみやかに,ボソ01 に鏡がトリックだとわからせることである。 ──ボソ01 において鏡像は,リアリティではなくバーチャルリアリティとして収まってもらわねばならない。
      (だま)す (存在論を背負い込ませる)>になってはならないということである。
      ボソ01 にとっては甚だ迷惑な実験である。許せ。