Up 親鸞の「悪人正機」 ── 道元の「現成」と同じ 作成: 2017-03-15
更新: 2017-03-15


    「悪人正機」をパラドックに見せかけて商売している者が絶えないが,「悪人正機」はパラドックスでもなんでもない。

      『歎異抄』第3条
    善人なほもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや。
    しかるを世のひとつねにいはく、「悪人なほ往生す、いかにいはんや善人をや」。
    この条、一旦そのいはれあるに似たれども、本願他力の意趣にそむけり。

    そのゆゑは、自力作善のひとは、ひとへに他力をたのむこころか[欠]けたるあひだ、弥陀の本願にあらず。
    しかれども、自力のこころをひるがへして、他力をたのみたてまつれば、真実報土の往生をとぐるなり。

    煩悩具足のわれらは、いづれの行にても生死をはな[離]るることあるべからざるを、
    あはれみたまひて願をおこしたまふ本意、悪人成仏のためなれば、
    他力をたのみたてまつる悪人、もっとも往生の正因なり
    よって善人だにこそ往生すれ、まして悪人は、と仰せ候ひき。


    世直しを思いこれを行う者──改革派,人権派,エコロジスト,貧窮国援助者,等々──は,「善人」である。
    したがって,世の流れに身をまかせて生活するだけの者は,彼ら「善人」に対し「悪人」ということになる。

    ところで,「善人」はろくなことをしない。
    改革派は,ひとの営みをグチャグチャにする。
    人権派は,偽善をひろげ,憎しみをつくり出す。
    エコロジストは,特定種・特定事象をひいきにして,生態系を歪ませる。
    貧窮国援助は,援助金品の寡占とねたみを生み,内戦に進ませる。

    どうしてこうなるかというと,道理は「天網恢々疎にしてして漏らさず」の方にあるからである。
    そこで,道理に近いのは,世の流れに身をまかせて生活するだけの者たち──「悪人」──の方である。

    よって,「悪人正機」となる:
      ところで,道理に外れた善人たちも,往生できるそうだ。
       だったら,道理に順っている悪人は,なおさら往生できるだろうよ。

     注意 : 「悪人正機」の「悪人」は,所謂「極悪人」のことではない。
    「悪人正機」をパラドックスのように思う者は,「悪人」として「極悪人」を思っているのである。


    親鸞の「他力本願──悪人正機」は,道元の「現成」と同じである。
    仏教は,「無為」が存在哲学である。
    「無為」は,個人の趣味で色々に表現される。
    「他力本願──悪人正機」であったり「現成」であったり,というわけである。